電子書籍 一〇〇万回言っても、言い足りないけど―ジャーナリスト竹田圭吾を見送って― 文芸・小説

著: 竹田裕子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

一〇〇万回言っても、言い足りないけど―ジャーナリスト竹田圭吾を見送って― あらすじ・内容

テレビ、ラジオ番組の名コメントで知られたジャーナリスト竹田圭吾は、膵臓がんと診断を受けてからわずか2年3か月、51歳で亡くなった。思いがけない告知、急を要した手術と治療、そしてテレビ出演中の病名の公表。妻は、死の6日前まで強固な意志で仕事に臨む夫を支え続けた。最期の日々を綴った感動の手記。

この作品を共有

「一〇〇万回言っても、言い足りないけど―ジャーナリスト竹田圭吾を見送って―」最新刊

テレビ、ラジオ番組の名コメントで知られたジャーナリスト竹田圭吾は、膵臓がんと診断を受けてからわずか2年3か月、51歳で亡くなった。思いがけない告知、急を要した手術と治療、そしてテレビ出演中の病名の公表。妻は、死の6日前まで強固な意志で仕事に臨む夫を支え続けた。最期の日々を綴った感動の手記。

「一〇〇万回言っても、言い足りないけど―ジャーナリスト竹田圭吾を見送って―」の作品情報

レーベル
――
出版社
新潮社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ ノンフィクション
ページ数
175ページ (一〇〇万回言っても、言い足りないけど―ジャーナリスト竹田圭吾を見送って―)
配信開始日
2017年6月2日 (一〇〇万回言っても、言い足りないけど―ジャーナリスト竹田圭吾を見送って―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad