電子書籍 舫鬼九郎シリーズ(文春文庫) 文芸・小説

著: 高橋克彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

舫鬼九郎 あらすじ・内容

吉原近くの親父橋のたもとで見つかった女の死体は首を切り落とされ、背中の皮が剥ぎ取られていた。事件をさぐる幡随院長兵衛の前に現れる恐るべき男たち。天竺徳兵衛、柳生十兵衛、そして十兵衛と互角の勝負を演じる若き美剣士・舫鬼九郎。謎が謎を呼ぶ展開と壮絶な剣技描写で読者を魅了する、極め付きの長篇時代活劇がここに開幕!

この作品を共有

「舫鬼九郎シリーズ(文春文庫)」最新刊

世にも高貴な血筋を引く美貌の剣士・舫鬼九郎の時代活劇シリーズ完結編
己を狙う“敵”と決着をつけるべく、仲間たちと甲州街道、中山道を京へと上る!

背中一面を覆う愛染明王の刺青。
柳生新陰流を基に長くしなる剣を自在に操る、美貌の剣士・舫鬼九郎。
天皇を父に、将軍の妹を母に、そして現天皇は双子の妹という、高貴な出自でありながら、内裏と幕府の政争の具となり実父から命を狙われ続ける運命を背負う。

己をつけ狙う“敵”と決着をつけるべく、江戸から京の都へ甲州街道から中仙道を上る九郎たちに風魔衆が襲いかかる!
時は寛永二十(1643)年、三大将軍家光の治世。
柳生十兵衛、荒木又右衛門、幡随院長兵衛、天竺徳兵衛、由比正雪、左甚五郎、高尾太夫、大僧正天海、沢庵和尚、そして鄭成功まで、大江戸オールスターズが入り乱れての大激闘が絢爛豪華に開幕!

解説・西上心太

「舫鬼九郎シリーズ(文春文庫)」作品一覧

(4冊)

815〜1,427(税込)

まとめてカート

吉原近くの親父橋のたもとで見つかった女の死体は首を切り落とされ、背中の皮が剥ぎ取られていた。事件をさぐる幡随院長兵衛の前に現れる恐るべき男たち。天竺徳兵衛、柳生十兵衛、そして十兵衛と互角の勝負を演じる若き美剣士・舫鬼九郎。謎が謎を呼ぶ展開と壮絶な剣技描写で読者を魅了する、極め付きの長篇時代活劇がここに開幕!

根来傀儡衆の頭領・左甚五郎がまたも動き出した。狙いは御家騒動が収束したばかりの会津藩。舫九郎は幡随院長兵衛、高尾太夫らと会津に乗り込むが、そこには売り出し中の軍学者・由井正雪や柳生十兵衛、天海大僧正までが集結していた。いずれが敵か味方か!? 激闘の果てに明かされる真実とは……。家光の治世を背景に、壮大なスケールで展開する時代活劇!

鬼九郎とその仲間たちを様々な怪異が襲う。幡随院長兵衛が巧妙に仕掛けられた罠に落ち、殺しの濡れ衣を着せられる「長兵衛獄門首」、高尾太夫を悩ませる鼠に顔を食い荒らされた遊女の亡霊譚「怪談高尾」、九郎に刺客が迫り、ついにその出生の秘密が明かされる「九郎非常剣」など、血わき肉おどる五篇。絶好調のシリーズ第3弾!

「舫鬼九郎シリーズ(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
372ページ (舫鬼九郎)
配信開始日
2017年6月8日 (舫鬼九郎)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad