電子書籍 日本語に似ているようで似ていない 中国語の「漢字」 実用

著者: 白雪梅 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本語に似ているようで似ていない中国語の「漢字」 あらすじ・内容

ビジネスに限らず、いまは一般の日本人でも国内で中国人と身近に接する機会が大幅に増えています。経済や文化、人の交流で、今や中国は日本人の生活と切り離しては考えられなくなりました。幸いなことに、日本と中国はともに「漢字」の国。「だから筆談ができる」とも言えますが、実際には意味も発音も相当違い、さらに中国では簡体字が使われるため、意思疎通は大変です。 そこで、「本格的な勉強はちょっと」という人でもクイズを解くように楽しみながら中国語を学べる雑学本の登場です。

この作品を共有

「日本語に似ているようで似ていない 中国語の「漢字」」最新刊

仏教は日本人にもっともなじみの深い宗教であり、冠婚葬祭をはじめ日常的に使う言葉にも元来は仏教で使われた言葉がたくさん入り込んでいます。
本書では、葬儀や仏事に関する言葉をはじめ、地獄と極楽、高僧の名前、著名人の戒名、禅の公案、お寺や仏像・仏具の名前、生活用語になった言葉や四文字熟語など、仏教に関連するありとあらゆる言葉を集めてみました。どこかで見たことのある言葉から難解語まで、まとめてクイズ形式で構成。
体裁は左頁・問題→右頁・解答のスタイル。手軽なペーパーバック版です。
○好評の『日本語に似ているようで似ていない 中国語の「漢字」』続編。

「日本語に似ているようで似ていない 中国語の「漢字」」作品一覧

(2冊)

各838(税込)

まとめてカート

ビジネスに限らず、いまは一般の日本人でも国内で中国人と身近に接する機会が大幅に増えています。経済や文化、人の交流で、今や中国は日本人の生活と切り離しては考えられなくなりました。幸いなことに、日本と中国はともに「漢字」の国。「だから筆談ができる」とも言えますが、実際には意味も発音も相当違い、さらに中国では簡体字が使われるため、意思疎通は大変です。 そこで、「本格的な勉強はちょっと」という人でもクイズを解くように楽しみながら中国語を学べる雑学本の登場です。

仏教は日本人にもっともなじみの深い宗教であり、冠婚葬祭をはじめ日常的に使う言葉にも元来は仏教で使われた言葉がたくさん入り込んでいます。
本書では、葬儀や仏事に関する言葉をはじめ、地獄と極楽、高僧の名前、著名人の戒名、禅の公案、お寺や仏像・仏具の名前、生活用語になった言葉や四文字熟語など、仏教に関連するありとあらゆる言葉を集めてみました。どこかで見たことのある言葉から難解語まで、まとめてクイズ形式で構成。
体裁は左頁・問題→右頁・解答のスタイル。手軽なペーパーバック版です。
○好評の『日本語に似ているようで似ていない 中国語の「漢字」』続編。

「日本語に似ているようで似ていない 中国語の「漢字」」の作品情報

レーベル
――
出版社
CCCメディアハウス
ジャンル
実用 語学
ページ数
218ページ (日本語に似ているようで似ていない中国語の「漢字」)
配信開始日
2013年12月27日 (日本語に似ているようで似ていない中国語の「漢字」)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad