電子書籍 君たちには分からない―「楯の會」で見た三島由紀夫― 実用

著: 村上建夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

君たちには分からない―「楯の會」で見た三島由紀夫― あらすじ・内容

世の中が70年安保闘争で騒然となる中、京大生だった私は、東京で最もハイブロウなレストランで午餐を頂きながら、天才作家の面接を受けた。それは学生グループ「楯の會」に入会し、富士山麓の陸上自衛隊駐屯地で一ヶ月の軍事教練を受ける序曲だった。三島由紀夫の意外な素顔を、直に接した若者が当時を振り返って語る貴重なメモワール。

この作品を共有

「君たちには分からない―「楯の會」で見た三島由紀夫―」最新刊

世の中が70年安保闘争で騒然となる中、京大生だった私は、東京で最もハイブロウなレストランで午餐を頂きながら、天才作家の面接を受けた。それは学生グループ「楯の會」に入会し、富士山麓の陸上自衛隊駐屯地で一ヶ月の軍事教練を受ける序曲だった。三島由紀夫の意外な素顔を、直に接した若者が当時を振り返って語る貴重なメモワール。

「君たちには分からない―「楯の會」で見た三島由紀夫―」の作品情報

レーベル
――
出版社
新潮社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
186ページ (君たちには分からない―「楯の會」で見た三島由紀夫―)
配信開始日
2017年6月30日 (君たちには分からない―「楯の會」で見た三島由紀夫―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad