電子書籍 政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ― 実用

著: 円満字二郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ― あらすじ・内容

復興に向けて粛々と努力します。――政治家や役人がよく使う「粛々」という言葉は、元をたどると、古代中国で鳥が羽ばたく様子を表す擬態語だった。我々がふつうに使っている漢字の熟語の中には、このようにそもそもは擬態語だったものが、実は多数含まれている。それらは本来どういう意味で、どのように輸入されて「日本語化」していったのか……。

この作品を共有

「政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ―」最新刊

復興に向けて粛々と努力します。――政治家や役人がよく使う「粛々」という言葉は、元をたどると、古代中国で鳥が羽ばたく様子を表す擬態語だった。我々がふつうに使っている漢字の熟語の中には、このようにそもそもは擬態語だったものが、実は多数含まれている。それらは本来どういう意味で、どのように輸入されて「日本語化」していったのか……。

「政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ―」の作品情報

レーベル
新潮選書
出版社
新潮社
ジャンル
実用 語学 学問
ページ数
254ページ (政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ―)
配信開始日
2017年6月30日 (政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad