電子書籍 新潮45eBooklet 実用

著: 山下佐智子  著者: 新井省吾 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

香川3人惨殺事件「パパは自殺寸前だった!」―新潮45 eBooklet 手記編1 あらすじ・内容

2007年11月、香川県坂出市で祖母と孫娘二人が惨殺された。ワイドショーは当初から家族に疑惑の目を向け、被害者の父を半ば“犯人”扱いして追いかけ回した。「パパはその晩、本当に死のうと思ったらしい。三人の行方はわからず、安否も知れない。そんなときに犯人扱いされ、おまけに心ない人たちに弄ばれて、もう逃げ出したい気持ちだったといいます。みんなが寝た後に一人でどこかに行って死ぬつもりだったようです」――遺族が語った家族の辛苦と、犯人の本当の動機。

この作品を共有

「新潮45eBooklet」最新刊

キッカケは夫の浮気疑惑だが、そもそも私は立派なヤリマンだったのだ。30手前でデビューした下半身の課外活動は、もはや穴が乾く間もなし。不随意筋がピクピクする肉の絶頂も、脳が感じる背徳にまみれた快楽も徹底追求だ! 「あの女、淫乱だよな」といわれたい私は病気? いや、愛がなくても快感は味わえる。下半身暴走でみつけた、ヤリマンとしての哲学とは? 新潮45が贈る、どうにもとまらないセックス放浪記!

「新潮45eBooklet」作品一覧

(52冊)

各200円 (+税)

まとめてカート

2007年11月、香川県坂出市で祖母と孫娘二人が惨殺された。ワイドショーは当初から家族に疑惑の目を向け、被害者の父を半ば“犯人”扱いして追いかけ回した。「パパはその晩、本当に死のうと思ったらしい。三人の行方はわからず、安否も知れない。そんなときに犯人扱いされ、おまけに心ない人たちに弄ばれて、もう逃げ出したい気持ちだったといいます。みんなが寝た後に一人でどこかに行って死ぬつもりだったようです」――遺族が語った家族の辛苦と、犯人の本当の動機。

世界一の“萌える国”の特等席で彼女らを愛で続け25年。およそ二百数十人もの新人アイドル少女を毎月対面取材すれば、そりゃあ、いろんな娘たちがいた。岩佐真悠子、田中麗奈、酒井法子、優香、菊池桃子らトップアイドルから、TバックならぬTフロントで“生モザイク”をかけられた伝説のピンクサターン、「立ちバック、さいこー!!」と口走ったり、途中から“手コキ”を始めちゃった名前の出せないアイドルまで、筆者だけが立ち入りを許された聖域で繰り広げられる、あなおそろしやの爆笑取材秘話。

父親が病院へ駆けつけたのは凶行から1時間半後。苦痛と驚愕で眼はカッと見開かれ、口は歪み、手は空をつかんだ形のまま、息子は絶命していた。ある脳神経外科医の所見では、断裂した胸部大動脈からすべての体内の血が吹き出るまで約10秒。彼の胸を柄が食い込むほど深く刺したのは、外出許可中の見ず知らずの精神病患者だった。なぜ息子は死ななければならなかったのか。“人権上の配慮”から、詳細を語らぬ警察や精神病院。激しい憤りを感じつつ自らの手で事件の真相を掴もうとする父母を追った壮絶な事件ルポ。

「新潮45eBooklet」の作品情報

レーベル
新潮45
出版社
新潮社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
20ページ (香川3人惨殺事件「パパは自殺寸前だった!」―新潮45 eBooklet 手記編1)
配信開始日
2017年6月30日 (香川3人惨殺事件「パパは自殺寸前だった!」―新潮45 eBooklet 手記編1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad