電子書籍 限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択 新書

著者: 毛受敏浩 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択 あらすじ・内容

いま日本の人口は、ジェットコースターでいえば先頭が下向きになり、2020年にはストーンと620万人が減ってしまう。農・工・介護などの現場は深刻だ。また税金を払う人が減って年金の維持もおぼつかなくなる。そんな「姥捨て列島」にならない最後の知恵を提言する。

この作品を共有

「限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択」最新刊

いま日本の人口は、ジェットコースターでいえば先頭が下向きになり、2020年にはストーンと620万人が減ってしまう。農・工・介護などの現場は深刻だ。また税金を払う人が減って年金の維持もおぼつかなくなる。そんな「姥捨て列島」にならない最後の知恵を提言する。

「限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択」の作品情報

レーベル
朝日新書
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
新書 社会 学問
ページ数
258ページ (限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択)
配信開始日
2017年6月13日 (限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad