電子書籍 雀鬼 桜井章一戦記 マンガ

著: いつきたかし  原作: 志村裕次 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

雀鬼 桜井章一戦記 (1) あらすじ・内容

桜井章一、人は彼のことを「伝説の雀鬼」と呼ぶ。それは桜井が、牌を握った日から一度たりとも負けたことがないからである。

この作品を共有
  

「雀鬼 桜井章一戦記」最新刊

その老人は打てば必ずひとり負け。しかし雀鬼、桜井章一は彼に凄みを感じていた。「迷える者、弱い者ほど神になりたがる。しかしあんたは鬼だ。神にはなれないが救われるかもしれない」涅槃の善三と呼ばれる裏社会の大物の言葉だった。

「雀鬼 桜井章一戦記」作品一覧

(8冊)

各618(税込)

まとめてカート

桜井章一、人は彼のことを「伝説の雀鬼」と呼ぶ。それは桜井が、牌を握った日から一度たりとも負けたことがないからである。

桜井の現役時代、巷には「麻雀プロ」というものが出始めた。そのなかの一人の有望株と対決、そのときは好印象を持った。が、3年の月日が若者の麻雀を変えてしまった。

ひとたび勝負に入れば脅しもヤクザも関係ない。現役時代の桜井は負けるくらいなら殺されたほうがマシだと思っていた。麻雀は桜井の領域だったのだ。

「雀鬼 桜井章一戦記」の作品情報

レーベル
近代麻雀コミックス
出版社
竹書房
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ ギャンブル 近代麻雀
ページ数
225ページ (雀鬼 桜井章一戦記 (1))
配信開始日
2014年1月10日 (雀鬼 桜井章一戦記 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad