電子書籍 紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 マンガ

完結
著: 嶺岸信明  原作: 安部譲二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (1) あらすじ・内容

昭和三十年代、新宿に愚連隊の神様と呼ばれる男がいた。彼の名は万寿十一。鹿十の直こと矢部直也は万寿のもとで任侠道を学ぶこととなった。――俺たち任侠は最初から命を捨てている…。だからいちいち覚悟なんか決める必要はないんだ―――。

この作品を共有
  

「紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説」最新刊

「紅蓮隊の神様」と謳われた伝説の侠客・万寿十一。彼が心底愛した麻雀、そして時を超え、人の心を突き動かす真の侠の生き様とは!? 不滅の任侠道、ここに完結!!!

「紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説」作品一覧

(6冊)

各618(税込)

まとめてカート

昭和三十年代、新宿に愚連隊の神様と呼ばれる男がいた。彼の名は万寿十一。鹿十の直こと矢部直也は万寿のもとで任侠道を学ぶこととなった。――俺たち任侠は最初から命を捨てている…。だからいちいち覚悟なんか決める必要はないんだ―――。

万寿との麻雀勝負に敗れた栗原は新たな刺客ヒラッコ辛を万寿にぶつける。無敗を誇るこの男のまえに初戦を落とした万寿であったが…

万寿と辛の勝負も終盤戦にさしかかった。局を重ねるごとに辛は万寿に真の麻雀、真の男の大きさを見るのであった。

「紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説」の作品情報

レーベル
近代麻雀コミックス
出版社
竹書房
ジャンル
マンガ 男性向け 完結 青年マンガ ギャンブル 近代麻雀
ページ数
206ページ (紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (1))
配信開始日
2014年1月10日 (紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad