電子書籍 丑之刻子、参ります。 文芸・小説

著: 黒史郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

丑之刻子、参ります。 あらすじ・内容

頼まれれば人を呪い殺す! 陰気で禍々しいヒロイン登場

誰かを呪ってほしければ、摩栖太羅神社の裏の神木に、黒い憎悪の念と、依頼書を収めた藁人形を打ち付けておけばいい。
その願いを叶えるために、ひと打ちひと打ち呪いを込めて打ってやろう――私は《呪い姫》丑之刻子。 とある会社のOLとして働く馬野時子。
「幽霊」と揶揄される佇まいと愛想のなさで、社内でも浮きまくりだがそれは表の姿。
彼女の本来の仕事は依頼された恨み事をはらすということなのだ。
そんな刻子のもとに、とある頼みごとが持ち込まれるが――。

この作品を共有

「丑之刻子、参ります。」最新刊

頼まれれば人を呪い殺す! 陰気で禍々しいヒロイン登場

誰かを呪ってほしければ、摩栖太羅神社の裏の神木に、黒い憎悪の念と、依頼書を収めた藁人形を打ち付けておけばいい。
その願いを叶えるために、ひと打ちひと打ち呪いを込めて打ってやろう――私は《呪い姫》丑之刻子。 とある会社のOLとして働く馬野時子。
「幽霊」と揶揄される佇まいと愛想のなさで、社内でも浮きまくりだがそれは表の姿。
彼女の本来の仕事は依頼された恨み事をはらすということなのだ。
そんな刻子のもとに、とある頼みごとが持ち込まれるが――。

「丑之刻子、参ります。」の作品情報

レーベル
――
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
203ページ (丑之刻子、参ります。)
配信開始日
2017年6月16日 (丑之刻子、参ります。)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad