電子書籍 大上さん、だだ漏れです。(アフタヌーン) マンガ

限定特典あり
著: 吉田丸悠 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

33ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

大上さん、だだ漏れです。(1) あらすじ・内容

わたしのアソコ、あばかないでっっ!! 「男子のアレって仕組みどうなってんの?」エロいことに興味しんしんだが、それをひた隠しにしている女子高生・大上さん。こんなのバレたら生きてけない……肩身が狭いながらも平和に過ごしていたはずが、クラスの柳沼(やぎぬま)くんと接したことで、リビドーがモロ出しになってしまう! さわりたいけど、さわれない! 純情な妄想が暴発する思春期エロラブコメ、全力発射!!!

この作品を共有

「大上さん、だだ漏れです。(アフタヌーン)」作品一覧

(4冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

エロいことに興味しんしんだが、それをひた隠しにしている女子高生・大上さん。だが、クラスの柳沼(やぎぬま)くんと接したことで、リビドーがモロ出しになってしまう…純情な妄想が暴発する思春期エロラブコメ、全力発射!! その美女の名は、鷺沼薫。柳沼くんの遠縁にあたるという。急接近してくる年上のお姉さんに、ヤキモキする大上さん…しかも、柳沼くんに触れても本音が漏れない!? この刺客、最強。負けるな大上さん!

「大上さん、だだ漏れです。(アフタヌーン)」のおすすめコメント

大上さん、だだ漏れです。(1) Michi(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2017/12/26

一緒にいると、エロ妄想がだだ漏れに!妄想女子と特異体質男子の恋の行方は?

女子高生の大上さんは、男のコの体に興味津々で常に破廉恥な妄想をしていながらも、それをひた隠しにし、常に一人でいることで平和を保ってきました。 それなのに彼女が出会い、気になる存在となった男子は“触れた相手に強制的に本音を喋らせる”という特異体質の柳沼くんだったからさあ大変! 彼に手が、体が触れる度にとんでもないエロ発言が口から飛び出し、その場に微妙な空気が流れてしまうのでした。 柳沼くんもまた、その体質のために自ら孤独を選んでいましたが、大上さんとの出会いで誰かと一緒にいる幸せに気づいていきます。 最初は大上さんの強烈な下ネタ発言が目を引き、ちょっとエッチなラブコメなのかと思いますが、物語は少しずつその様相を変えて、互いを想う高校生らしい二人のボーイミーツガールへ。 好きな相手に触れられない。一緒にいたいけれど、いられない。それでも、、、という二人の純粋な思いに胸が熱くなります。 とはいえ、ここぞというロマンチックな場面で、斜め上から突然降ってくる大上さんの強烈発言には吹き出さずにはいられません。 この場面でそれを口走っちゃう??そしてそんな大上さんを優しく受け止める柳沼くんは何て良い奴なんだろう。 妄想女子と特異体質男子の恋。どうかうまくいきますように。

「大上さん、だだ漏れです。(アフタヌーン)」のおすすめ情報