電子書籍 神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流― 実用

著: 八木雄二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流― あらすじ・内容

中世において「哲学」は「神学」の形をとった。キリスト教信仰と古代ギリシア哲学の出会いによって「神についての学問」が生まれ、ヨーロッパ精神が形作られていった。神の存在、天使の堕落、人間の富や色欲を当時のヨーロッパ人はどう捉えていたのか。中世神学から「信仰」というベールを剥ぎ、その実像に迫る。

この作品を共有

「神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流―」最新刊

中世において「哲学」は「神学」の形をとった。キリスト教信仰と古代ギリシア哲学の出会いによって「神についての学問」が生まれ、ヨーロッパ精神が形作られていった。神の存在、天使の堕落、人間の富や色欲を当時のヨーロッパ人はどう捉えていたのか。中世神学から「信仰」というベールを剥ぎ、その実像に迫る。

「神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流―」の作品情報

レーベル
新潮選書
出版社
新潮社
ジャンル
実用 宗教 哲学 思想
ページ数
317ページ (神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流―)
配信開始日
2017年6月30日 (神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad