電子書籍 妄信 相模原障害者殺傷事件 実用

著者: 朝日新聞取材班 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

妄信 相模原障害者殺傷事件 あらすじ・内容

死者19人、重軽傷者26人を出した戦後最悪の殺傷事件はなぜ起きたのか──。「朝日新聞」連載・記事を書籍化。数々の証言から容疑者の特異な行動や思考の背景を検証するとともに、社会に根強く残る障害者への差別意識についても報告。

この作品を共有

「妄信 相模原障害者殺傷事件」最新刊

死者19人、重軽傷者26人を出した戦後最悪の殺傷事件はなぜ起きたのか──。「朝日新聞」連載・記事を書籍化。数々の証言から容疑者の特異な行動や思考の背景を検証するとともに、社会に根強く残る障害者への差別意識についても報告。

「妄信 相模原障害者殺傷事件」の作品情報

レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
実用 社会
ページ数
236ページ (妄信 相模原障害者殺傷事件)
配信開始日
2017年6月20日 (妄信 相模原障害者殺傷事件)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad