電子書籍 さよなら、ムッシュ 文芸・小説

著: 片岡翔 

まずは、無料で試し読み

試し読み

42ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

さよなら、ムッシュ あらすじ・内容

話すぬいぐるみと出版社校正男子の友情物語。

 愛しい涙がとめどなく流れた。この本はきっとみんなの宝物。
                --池田エライザさん(モデル・女優)
 松本大洋氏がカバー装画が描きおろした、
 話すコアラのぬいぐるみと出版社校正男子の切なさMAXの友情物語。

 小さな出版社で校正の仕事をしている森星太朗は、幼いころ他界した作家で母の文子が残してくれたコアラのぬいぐるみを大事にしていた。
 そのぬいぐるみは、母が亡くなったその日、しゃべりだし、以来、無二の親友になっていたのだ(もちろん、世間には内緒にして)。
 そんなある日、しゃっくりがとまらなくなった星太朗に大きな転機が訪れる。

この作品を共有

「さよなら、ムッシュ」最新刊

話すぬいぐるみと出版社校正男子の友情物語。

 愛しい涙がとめどなく流れた。この本はきっとみんなの宝物。
                --池田エライザさん(モデル・女優)
 松本大洋氏がカバー装画が描きおろした、
 話すコアラのぬいぐるみと出版社校正男子の切なさMAXの友情物語。

 小さな出版社で校正の仕事をしている森星太朗は、幼いころ他界した作家で母の文子が残してくれたコアラのぬいぐるみを大事にしていた。
 そのぬいぐるみは、母が亡くなったその日、しゃべりだし、以来、無二の親友になっていたのだ(もちろん、世間には内緒にして)。
 そんなある日、しゃっくりがとまらなくなった星太朗に大きな転機が訪れる。

「さよなら、ムッシュ」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説 ファンタジー
ページ数
245ページ (さよなら、ムッシュ)
配信開始日
2017年6月30日 (さよなら、ムッシュ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad