電子書籍 会長 島耕作 マンガ

完結
著: 弘兼憲史 
みんなの★
4.9

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

会長 島耕作(1) あらすじ・内容

会長に就任した島耕作。業界への利益誘導を目的とする経済連から距離を置き、個人加盟で国益のために活動する経済交友会を中心に「財界活動」をおこなうことにした。島が尽力するのは、日本の「農業問題」。食糧自給率と国内の雇用を確保するため、新たな農業モデルの確立を決意する。会長となり、会社という枠に縛られずに活動する島の舞台は全世界。日本の国益を背負って、より大きなステージで島耕作は活躍する。

この作品を共有

「会長 島耕作」作品一覧

(13冊)

各660(税込)

まとめてカート

経済団体「経済連」「経済交友会」に所属する島耕作は日本の低い食料自給率を懸念し、漁業の変革に乗り出した。近大マグロの完全養殖など、最新の現場を精力的に視察する島耕作。そんな中、日本の政財界に大きな影響力を持つ「経済連」と意見の相違から袂を分かつことに。フィリピンで凶弾に倒れた同期・樫村建三の妻とその息子、福岡時代の“上司”今野輝常など、かつての名脇役もカムバック!

島を苛め抜いた元上司・今野輝常と再会。そこには妻に捨てられ、老いさらばえた今野がいた。島を敵視する「経済連」の会長が中国人ホステスにハニートラップを仕掛けられていることを察知。日本に潜む“産業スパイ”の存在を強く感じるのだった。さらにテコット上海の機密情報漏えい疑惑と麻薬スキャンダルなど事件が勃発。島耕作はこのトラブルをうまく切り抜けられるのか?

地下の帝王・曽烈生が仕掛けたトラップに対し、島が打った手は? 次いで島は食料をテーマにした万博の視察へミラノに降り立つ。そこで何度も赤いドレスの女から熱視線を向けられる。“島耕作様 もし 時間がとれるなら明日の夜 ベネチアのサンマルコ広場で会いませんか?”自分の名前を知る女からのメッセージ。危険を感じるもミステリアスな仕掛けに惹かれ…?