電子書籍 バイオーグ・トリニティ マンガ

完結
著: 大暮維人  著: 舞城王太郎 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

59ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

バイオーグ・トリニティ 1 あらすじ・内容

ヤバい、マジで榎本芙三歩のことが好き過ぎて俺死ぬ。 両掌に穴が空き、好きなものを吸い込んで融合できてしまう病気「バイオ・バグ」。あやういバランスで成り立つ世界で、恋心とか青春とかはどうなっちゃうのよ? まさかの二人が描き出すラジカルポップな青春群像劇、開幕なのだぜ。

この作品を共有
  

「バイオーグ・トリニティ」作品一覧

(14冊)

627〜659(税込)

まとめてカート

物語(せかい)の結末を書き換えろ。 芙三歩の想いが枷となり、ループし続ける世界。その始点となったのは「芙三歩の死」。藤井と穂坂はどうやってその「死」を回避するのか? っていうかそもそも出来るのか!? 1mmも前に進める感じがしない閉塞感の中、藤井が辿り着いた「解答」とは? バッドエンドをハッピーエンドに書き換えて世界を救え!そんな13巻!

奇跡のような恋の軌跡。 藤井、芙三歩、穂坂、極子。彼ら、彼女らの愚直な恋心が、どうしようもない物語の結末を、頑なな世界を変える――。舞城王太郎×大暮維人。まさかの二人が描き出した新世界、フルスイングの完結巻!