電子書籍 こわしや我聞(少年サンデーコミックス) マンガ

完結
著: 藤木俊 
みんなの★
5.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

52ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

こわしや我聞(1) あらすじ・内容

江戸時代から続く解体業の老舗「工具楽屋(株)」。高校2年生の工具楽我聞は、その会社の若社長である。とはいえ、ビル解体の仕事をひとつ片付けた今日も、誤って付近の車を損傷させるミスを犯して、ベテラン社員・中之井の厳しいお叱りの言葉が飛ぶ。するとそこへ、内閣調査室から理由アリの依頼が舞い込んできて…

この作品を共有

「こわしや我聞(少年サンデーコミックス)」作品一覧

(9冊)

各462(税込)

まとめてカート

夏休みのある日、工具楽家では長女・果歩を中心に「國生陽菜兄嫁化計画」なる特別緊急会議が開かれた。妹たちに優も加わって悪だくみが進行しているとも知らず、我聞と陽菜は卓球部の合宿行きが決まってのほほん気分。だがその頃、先日我聞らを苦しめた科学スーツの開発組織「真芝グループ」も特別会議を開いていて…

我聞たちが卓球部の夏休み合宿から戻ってきたある日のこと。仙術使いである我聞が暴走したことを問題視する静馬かなえが、辻原に抗議をしに現れた。7年前にもある仙術使いが暴走して、犠牲者も出ていることを訴える彼女に対し、辻原の答えは…?一方事務所でも、中之井が我聞の暴走を心配する國生に、7年前の出来事を話していたのだが…

真芝グループ第3研を偵察していた番司が行方不明になった。そのため我聞たちは予定を早め、翌日から真芝壊滅作戦の遂行を決定する。その晩、「お兄ちゃんまで帰ってこなかったら…」と泣きじゃくる果歩と、それを抱きとめて説得する陽菜の姿を見て、勝利への決意を新たにする我聞。一方、真芝に捕らえられている番司の前に謎の男が現れて…