電子書籍 第九の波濤(少年サンデーコミックス) マンガ

著: 草場道輝  監修: 高谷智裕 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

第九の波濤(1) あらすじ・内容

東京育ちの海老原湊(えびはらみなと)は、父の十七回忌で
訪れた長崎で、釣り好き少女に一目惚れし、
彼女を追って長崎大学・水産学部に入学する。

しかし、なんと、彼女が進学したのは水産学部は水産学部でも、
「東京の」大学の水産学部。

愛しの彼女はいないけど、
毎朝の厳しい訓練は待っている…!

一体、何を希望にキャンパスライフを送れというのか!?

前途洋々とはいいがたい…
海を学び場にする水産学部一年生の、
夢と希望の大学生活は、荒波の中、いま出航!!!!

この作品を共有

「第九の波濤(少年サンデーコミックス)」最新刊

水産学部の本気…鴻洋祭開幕!!

長崎大学水産学部の学部祭は、なんと“味の見本市”だった!?
日頃の研究の成果を存分に披露するべく、数多のゼミが、知識と設備をフルに使って出店でガチンコバトル!!
そんな中、1年生にもかかわらず湊を誘って、自称・グルメ王の川口が殴り込み…!?
どうなる、メニュー開発!?

「第九の波濤(少年サンデーコミックス)」作品一覧

(7冊)

各454(税込)

まとめてカート

東京育ちの海老原湊(えびはらみなと)は、父の十七回忌で
訪れた長崎で、釣り好き少女に一目惚れし、
彼女を追って長崎大学・水産学部に入学する。

しかし、なんと、彼女が進学したのは水産学部は水産学部でも、
「東京の」大学の水産学部。

愛しの彼女はいないけど、
毎朝の厳しい訓練は待っている…!

一体、何を希望にキャンパスライフを送れというのか!?

前途洋々とはいいがたい…
海を学び場にする水産学部一年生の、
夢と希望の大学生活は、荒波の中、いま出航!!!!

東京育ちの海老原湊(えびはらみなと)は、
一目惚れした少女のために、縁もゆかりもない
長崎大学に進学するが、
なんと彼女は別の大学に進学していた…!

絶望にくれる湊だったが、
そんな湊を、地元からの進学組・潜木洋介(くぐるぎようすけ)は、
「志のないボンボン」と、軽蔑を隠さない。

しかし、湊も湊で、前時代的な早朝訓練や連帯責任制に
不満を覚えつつ、先輩から、その訓練の意味を聞いて、
深く納得をして以降は、この学校で何かを得たいと思うように。

そんなこんなで、ファーストコンタクト最悪のふたりが、
なんと同じ部に…!?

でも、言いたいことも言えない潜木に、
言いたいことははっきり言う湊が…ポイズン、
どころか、いいクスリで!?

反発し合いながら、呼び合う2人。
海が引き寄せた2人の海図は、いったいどこまで
描かれるのか!?

好きな子を追いかけて、長崎大学水産学部に
入った東京育ちの海老原湊は、
泳ぐことさえままならない超都会っ子。

しかし、海を学び、海を楽しむ、学部の先輩達にふれ、
自らも「海にきちんと向き合おう」と、決意。

そんな中、外洋帆船部(大型ヨット)の見学に、
クラスメートの潜木洋介と行くことになるが、
彼が、高校時代小型ヨットで名を馳せた選手だと知るや、
「なんで辞めたの?」
と空気を読まずに、ぐいぐい。

「大丈夫! みんなには黙っとくから、僕にだけは教えてくれよ」
「なんでお前だけが特別かとや!!」

湊は、潜木の止まった帆を押す、強い風になれるのか…

「第九の波濤(少年サンデーコミックス)」の作品情報

レーベル
少年サンデーコミックス
出版社
小学館
ジャンル
マンガ 男性向け ビジネス 少年マンガ 週刊少年サンデー
ページ数
194ページ (第九の波濤(1))
配信開始日
2017年12月14日 (第九の波濤(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad