電子書籍 国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策(講談社現代新書) 新書

著: 中野剛志 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 あらすじ・内容

東日本大震災のような本当の意味での「危機」には、国家が強いリーダーシップを発揮し、国民が団結をして行動することにより生み出される「国力」が求められている。そして「危機」は自然災害や事故に限らない。金融市場の崩壊やデフレ不況という経済危機も、克服しなければならない「危機」である。本書は「国力」の重要性と、豊かな経済社会を取り戻すための経済ナショナリズムの有効性を説く。

この作品を共有

「国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策(講談社現代新書)」最新刊

東日本大震災のような本当の意味での「危機」には、国家が強いリーダーシップを発揮し、国民が団結をして行動することにより生み出される「国力」が求められている。そして「危機」は自然災害や事故に限らない。金融市場の崩壊やデフレ不況という経済危機も、克服しなければならない「危機」である。本書は「国力」の重要性と、豊かな経済社会を取り戻すための経済ナショナリズムの有効性を説く。

「国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策(講談社現代新書)」の作品情報

レーベル
講談社現代新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 経済
ページ数
222ページ (国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策)
配信開始日
2017年10月27日 (国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad