電子書籍 オーディンの遺骨(竹書房文庫) 文芸

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

オーディンの遺骨 上 あらすじ・内容

神話とは──“姿を変えた歴史”

戦争と死の神──オーディン
「楯」「馬」「槍」「二匹の狼」……
彼の残した九つの遺物が揃いし時、世界は崩壊する……

──天国も地獄もいっときの無知でしかなく、
正しさあるいは誤りへと揺れるものこそが、不滅の魂なのだ。
オーディンやゼウス、トール──
古代の神々は本当に存在したのか?
謎とアクションが交錯する、
ハイヴォルテージの壮大な冒険譚!

〈あらすじ〉イギリスの特殊空挺部隊SASの元隊員で、現在はカメラマンを生業としているマット・ドレイク。彼は、仕事で訪れていたファッションショーに展示されていた〈北欧神話の神オーディンの楯〉の盗難事件に遭遇する。それは事件の始まりに過ぎず、そこから“神話の遺物”捜しに巻き込まれる。九つの遺物が揃った時に世界は崩壊する──そんな伝説は現実のものとなるのか? ドレイクは、事件を通じて知り合ったニューヨーク市警の女性警官ケネディと共に、謎を追って世界を駆け巡ることとなる。事件の背後に、マットのかつての同僚アリシア、そして謎の組織の関与が見え隠れする中、果たして真実に早く辿り着くのはどちらか? そして、世界崩壊を企む者達の目的とは──?

この作品を共有

「オーディンの遺骨(竹書房文庫)」最新巻

その墓が汚されし時、世界は火の海になる

万物の父にして支配者──オーディン
神々の墓を汚すことは、
最後の審判の日を始めることなり──

ラグナロクにてあのお方が命を落とされた。
真の巫女のやり方で、
九つの品が風の中にばらまかれた。
これらの品をラグナロクに集め、
終わりの日が訪れる危険を冒してはならない。
人の息子たちはわが声を聞き、
永遠にこれを恐れるべし……

〈あらすじ〉オーディンの9つの遺物が示すもの──それは“神々の墓”の在り処だった。盗難事件の黒幕は、表向きは実業家だが、“神々の墓”の謎の解明に人生を賭けた男アーベル・フライ。あと一歩のところで、マット・ドレイクにことごとく邪魔をされつつも、その差は僅かづつだか埋まりつつある。一方、ドレイクはSASの元上官ウェルズやスウェーデン兵士ダールの助けを借りつつ“神々の墓”の謎を紐解いていく。そして、事件の発端である〈オーディンの楯〉が、その謎を解く鍵であるという結論に辿り着く。最後の遺物に辿り着くのは、フライかドレイクか!? それぞれの思惑が交錯する中、はたして“墓”の真実は明かされるのか?

「オーディンの遺骨(竹書房文庫)」作品一覧

(2冊)

各750円 (+税)

まとめてカート

神話とは──“姿を変えた歴史”

戦争と死の神──オーディン
「楯」「馬」「槍」「二匹の狼」……
彼の残した九つの遺物が揃いし時、世界は崩壊する……

──天国も地獄もいっときの無知でしかなく、
正しさあるいは誤りへと揺れるものこそが、不滅の魂なのだ。
オーディンやゼウス、トール──
古代の神々は本当に存在したのか?
謎とアクションが交錯する、
ハイヴォルテージの壮大な冒険譚!

〈あらすじ〉イギリスの特殊空挺部隊SASの元隊員で、現在はカメラマンを生業としているマット・ドレイク。彼は、仕事で訪れていたファッションショーに展示されていた〈北欧神話の神オーディンの楯〉の盗難事件に遭遇する。それは事件の始まりに過ぎず、そこから“神話の遺物”捜しに巻き込まれる。九つの遺物が揃った時に世界は崩壊する──そんな伝説は現実のものとなるのか? ドレイクは、事件を通じて知り合ったニューヨーク市警の女性警官ケネディと共に、謎を追って世界を駆け巡ることとなる。事件の背後に、マットのかつての同僚アリシア、そして謎の組織の関与が見え隠れする中、果たして真実に早く辿り着くのはどちらか? そして、世界崩壊を企む者達の目的とは──?

その墓が汚されし時、世界は火の海になる

万物の父にして支配者──オーディン
神々の墓を汚すことは、
最後の審判の日を始めることなり──

ラグナロクにてあのお方が命を落とされた。
真の巫女のやり方で、
九つの品が風の中にばらまかれた。
これらの品をラグナロクに集め、
終わりの日が訪れる危険を冒してはならない。
人の息子たちはわが声を聞き、
永遠にこれを恐れるべし……

〈あらすじ〉オーディンの9つの遺物が示すもの──それは“神々の墓”の在り処だった。盗難事件の黒幕は、表向きは実業家だが、“神々の墓”の謎の解明に人生を賭けた男アーベル・フライ。あと一歩のところで、マット・ドレイクにことごとく邪魔をされつつも、その差は僅かづつだか埋まりつつある。一方、ドレイクはSASの元上官ウェルズやスウェーデン兵士ダールの助けを借りつつ“神々の墓”の謎を紐解いていく。そして、事件の発端である〈オーディンの楯〉が、その謎を解く鍵であるという結論に辿り着く。最後の遺物に辿り着くのは、フライかドレイクか!? それぞれの思惑が交錯する中、はたして“墓”の真実は明かされるのか?

「オーディンの遺骨(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸 海外文学
ページ数
230ページ (オーディンの遺骨 上)
配信開始日
2017年10月26日 (オーディンの遺骨 上)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad