電子書籍 姫のためなら死ねる マンガ

完結
著: くずしろ 
みんなの★
4.9

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

姫のためなら死ねる (1) あらすじ・内容

小さきものは、みなうつくし。【訳:定子様ハァハァ。】宮廷文化花盛りの平安時代。清少納言は、そんなのお構いなしに藤原定子を溺愛していました。「あんた、変態だから目立つのよ。」史実とフィクションの境界を超えた、抱腹絶倒平安ギャグ4コマ!!

この作品を共有
  

「姫のためなら死ねる」作品一覧

(11冊)

901〜946(税込)

まとめてカート

時は平安時代、宮中では殿上人と女房達の宮廷文化が花盛り。
後世名を残した清少納言は、そんな事お構いなしにひたすら定子様を溺愛していたのでした。

…なにせ1000年も昔の事、史実なんてアテになりません!?
★単行本カバー下画像収録★

時は平安時代、宮中では殿上人と女房達の宮廷文化が花盛り。
後世名を残した清少納言は、そんな事お構いなしにひたすら定子様を溺愛していたのでした。

・・・なにせ1000年も昔の事、史実なんてアテになりません!?
★単行本カバー下画像収録★