電子書籍 キスするケモノ(女の子のヒミツ) マンガ

完結
著者: かじ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

キスするケモノ 1巻 あらすじ・内容

「彼のキスが、怖い」ケモノみたいな幼なじみに唇を貪られて…。女子高生・萌音の部屋に入り込んできた知らない男の子。彼は「舌ひっこめんな」と、いきなりキスをしてきて!? 戸惑う萌音だったが、彼は幼い時に引っ越していった幼なじみ・蓮であることを思い出す。そして舌をからめ、“キスで遊んでいた”記憶も――。それからというもの、キス魔の蓮は所構わずキスを仕掛けてくる。イヤなはずなのに気持ちいい…萌音の本能は刺激されっぱなしで…?

この作品を共有
  

「キスするケモノ(女の子のヒミツ)」最新刊

「彼のキスが、怖い」ケモノみたいな幼なじみに唇を貪られて…。女子高生・萌音の部屋に入り込んできた知らない男の子。彼は「舌ひっこめんな」と、いきなりキスをしてきて!? 戸惑う萌音だったが、彼は幼い時に引っ越していった幼なじみ・蓮であることを思い出す。そして舌をからめ、“キスで遊んでいた”記憶も――。それからというもの、キス魔の蓮は所構わずキスを仕掛けてくる。イヤなはずなのに気持ちいい…萌音の本能は刺激されっぱなしで…?

「キスするケモノ(女の子のヒミツ)」作品一覧

(6冊)

各110(税込)

まとめてカート

「彼のキスが、怖い」ケモノみたいな幼なじみに唇を貪られて…。女子高生・萌音の部屋に入り込んできた知らない男の子。彼は「舌ひっこめんな」と、いきなりキスをしてきて!? 戸惑う萌音だったが、彼は幼い時に引っ越していった幼なじみ・蓮であることを思い出す。そして舌をからめ、“キスで遊んでいた”記憶も――。それからというもの、キス魔の蓮は所構わずキスを仕掛けてくる。イヤなはずなのに気持ちいい…萌音の本能は刺激されっぱなしで…?

「彼のキスが、怖い」ケモノみたいな幼なじみに唇を貪られて…。女子高生・萌音の部屋に入り込んできた知らない男の子。彼は「舌ひっこめんな」と、いきなりキスをしてきて!? 戸惑う萌音だったが、彼は幼い時に引っ越していった幼なじみ・蓮であることを思い出す。そして舌をからめ、“キスで遊んでいた”記憶も――。それからというもの、キス魔の蓮は所構わずキスを仕掛けてくる。イヤなはずなのに気持ちいい…萌音の本能は刺激されっぱなしで…?

「彼のキスが、怖い」ケモノみたいな幼なじみに唇を貪られて…。女子高生・萌音の部屋に入り込んできた知らない男の子。彼は「舌ひっこめんな」と、いきなりキスをしてきて!? 戸惑う萌音だったが、彼は幼い時に引っ越していった幼なじみ・蓮であることを思い出す。そして舌をからめ、“キスで遊んでいた”記憶も――。それからというもの、キス魔の蓮は所構わずキスを仕掛けてくる。イヤなはずなのに気持ちいい…萌音の本能は刺激されっぱなしで…?

「キスするケモノ(女の子のヒミツ)」の作品情報

レーベル
女の子のヒミツ
出版社
アムコミ
ジャンル
マンガ 少女マンガ 女性向け 恋愛 完結
ページ数
26ページ (キスするケモノ 1巻)
配信開始日
2017年12月8日 (キスするケモノ 1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad