電子書籍 瀬戸内寂聴×堀江貴文 対談 実用

著者: 瀬戸内寂聴  著者: 堀江貴文 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

瀬戸内寂聴×堀江貴文 対談 1 死ぬってどういうことですか? あらすじ・内容

死から見つめ直す、現代を「生きる」ということ

小学校1年生の時、死ぬことを思い怖くなった、という堀江さん、それは今でも変わらず、死ぬことを考えないように、のんびりしないようにするという。「死ぬ」ということはどういうことなのだろうか。「生きる」ということはどういうことなのだろうか。この当たり前であることを今、改めて一緒に考えてみたいと思う。戦争体験もし、いくつもの死を経験してきた瀬戸内寂聴さんに、小学校1年生から独特の死生観を持つ堀江さんが聞く、という形でこの二つのことを解き明かしていこう。

この作品を共有

「瀬戸内寂聴×堀江貴文 対談」最新巻

世俗を捨てて出家した寂聴さんと「イヤなこととかは別に見なきゃいいのに」というスタンスのホリエモン。こだわる→執着→手放すと続くお話。

「瀬戸内寂聴×堀江貴文 対談」作品一覧

(16冊)

各150円 (+税)

まとめてカート

小学校1年生の時、死ぬことを思い怖くなった、という堀江さん、それは今でも変わらず、死ぬことを考えないように、のんびりしないようにするという。「死ぬ」ということはどういうことなのだろうか。「生きる」ということはどういうことなのだろうか。この当たり前であることを今、改めて一緒に考えてみたいと思う。戦争体験もし、いくつもの死を経験してきた瀬戸内寂聴さんに、小学校1年生から独特の死生観を持つ堀江さんが聞く、という形でこの二つのことを解き明かしていこう。

小学校1年生の時、死ぬことを思い怖くなった、という堀江さん、それは今でも変わらず、死ぬことを考えないように、のんびりしないようにするという。「死ぬ」ということはどういうことなのだろうか。「生きる」ということはどういうことなのだろうか。この当たり前であることを今、改めて一緒に考えてみたいと思う。戦争体験もし、いくつもの死を経験してきた瀬戸内寂聴さんに、小学校1年生から独特の死生観を持つ堀江さんが聞く、という形でこの二つのことを解き明かしていこう。

小学校1年生の時、死ぬことを思い怖くなった、という堀江さん、それは今でも変わらず、死ぬことを考えないように、のんびりしないようにするという。「死ぬ」ということはどういうことなのだろうか。「生きる」ということはどういうことなのだろうか。この当たり前であることを今、改めて一緒に考えてみたいと思う。戦争体験もし、いくつもの死を経験してきた瀬戸内寂聴さんに、小学校1年生から独特の死生観を持つ堀江さんが聞く、という形でこの二つのことを解き明かしていこう。

「瀬戸内寂聴×堀江貴文 対談」の作品情報

レーベル
カドカワ・ミニッツブック
出版社
KADOKAWA / 角川学芸出版
ジャンル
実用 マイクロコンテンツ 哲学 思想
ページ数
28ページ (瀬戸内寂聴×堀江貴文 対談 1 死ぬってどういうことですか?)
配信開始日
2014年3月3日 (瀬戸内寂聴×堀江貴文 対談 1 死ぬってどういうことですか?)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad