電子書籍 鉄道ダイヤ情報 実用

編集: 鉄道ダイヤ情報編集部 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

鉄道ダイヤ情報_2021年4月号 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版には「折込付録」ならびに「別冊付録」は収録されておりません。あらかじめご了承ください。
◆都心からほど近いポイントに位置する交直デッドセクション、グリーンとブルーの車両が入り乱れる快速線、いつのまにか地下鉄千代田線へ乗り入れている緩行線……常磐線は、まさしく謎多き路線です。岩沼までの全通を果たしてからは、東北本線のバイパスとしておおいに活躍。そんな常磐線はかつて、東北本線に比べて平坦な線形であることを買われ、東京以北で初となる特急列車〔はつかり〕が設定されていました。その役割が広く再認識されたのは、今年(2021年)2月のこと。不通となった東北新幹線の穴を埋めるべく、特急〔ひたち〕を臨時(快速)で仙台まで延長運転。東北本線ルートをアシストし、改めてその存在意義を知らしめました。大震災から10年、全線開通から1年。今こそ常磐線を見つめ直しましょう。
そして第2特集「VIVA! DRAFT 2021」では、SL列車の2020年度運転報告と2021年度の運転計画を概説します。

この作品を共有

「鉄道ダイヤ情報」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版には「折込付録」ならびに「別冊付録」は収録されておりません。あらかじめご了承ください。
◆都心からほど近いポイントに位置する交直デッドセクション、グリーンとブルーの車両が入り乱れる快速線、いつのまにか地下鉄千代田線へ乗り入れている緩行線……常磐線は、まさしく謎多き路線です。岩沼までの全通を果たしてからは、東北本線のバイパスとしておおいに活躍。そんな常磐線はかつて、東北本線に比べて平坦な線形であることを買われ、東京以北で初となる特急列車〔はつかり〕が設定されていました。その役割が広く再認識されたのは、今年(2021年)2月のこと。不通となった東北新幹線の穴を埋めるべく、特急〔ひたち〕を臨時(快速)で仙台まで延長運転。東北本線ルートをアシストし、改めてその存在意義を知らしめました。大震災から10年、全線開通から1年。今こそ常磐線を見つめ直しましょう。
そして第2特集「VIVA! DRAFT 2021」では、SL列車の2020年度運転報告と2021年度の運転計画を概説します。

「鉄道ダイヤ情報」作品一覧

(39冊)

各803(税込)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版には「折込付録」ならびに「別冊付録」は収録されておりません。あらかじめご了承ください。
◆都心からほど近いポイントに位置する交直デッドセクション、グリーンとブルーの車両が入り乱れる快速線、いつのまにか地下鉄千代田線へ乗り入れている緩行線……常磐線は、まさしく謎多き路線です。岩沼までの全通を果たしてからは、東北本線のバイパスとしておおいに活躍。そんな常磐線はかつて、東北本線に比べて平坦な線形であることを買われ、東京以北で初となる特急列車〔はつかり〕が設定されていました。その役割が広く再認識されたのは、今年(2021年)2月のこと。不通となった東北新幹線の穴を埋めるべく、特急〔ひたち〕を臨時(快速)で仙台まで延長運転。東北本線ルートをアシストし、改めてその存在意義を知らしめました。大震災から10年、全線開通から1年。今こそ常磐線を見つめ直しましょう。
そして第2特集「VIVA! DRAFT 2021」では、SL列車の2020年度運転報告と2021年度の運転計画を概説します。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版には「折込付録」ならびに「別冊付録」は収録されておりません。あらかじめご了承ください。
本誌1年半ぶりの貨物特集は、JR貨物にとどまらず、私鉄系貨物鉄道の多彩な話題が盛りだくさん。DD51形がいよいよ終焉を迎える関西本線のほか、中央西線におけるロクヨン重連の運転も気になるJR。そして、名古屋臨海鉄道、衣浦臨海鉄道、西濃鉄道の私鉄系とともに、アツい中部地区に注目です。さらに、同じく中部地区の三岐鉄道のほか、岩手開発鉄道、秩父鉄道などで盛んな石灰石輸送についてもじっくり解説します。明治に開業し、時代の変化とともに廃止となった九州の「炭鉱電車」、運転の実態そのものが秘密のベールに包まれた「くろがね線」……。ちょっとディープな貨物列車の世界を覗いてみましょう。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版には「折込付録」ならびに「別冊付録」は収録されておりません。あらかじめご了承ください。
東武鉄道の総営業キロは463.3km。その運行はまさしく多岐にわたります。日光・鬼怒川エリアではSL2両体制の話題でにぎわう〔SL大樹〕〔SL大樹「ふたら」〕を運行。さらに1両増備するべく、着々と整備を進めています。また、レジャーやビジネス客向けの特急列車、長距離列車が広大な範囲で運行されているのも、東武ならでは。私鉄最多の製造両数を誇る8000系、本線と東上線のネットワークに数ある“端っこの駅”……SL、特急・長距離列車からローカル路線まで、魅力たっぷりの東武鉄道の素顔に迫ります!

「鉄道ダイヤ情報」の作品情報

レーベル
――
出版社
交通新聞社
ジャンル
実用 雑誌 旅・地域情報 旅行・地域情報 鉄道
ページ数
147ページ (鉄道ダイヤ情報_2021年4月号)
配信開始日
2021年3月17日 (鉄道ダイヤ情報_2021年4月号)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad