電子書籍 恋がらす事件帖(双葉文庫) 文芸・小説

著者: 黒木久勝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

恋がらす事件帖 : 1 仇討一番 あらすじ・内容

観る者すべてを虜にする天才役者、揚羽恋之介と、見る者すべてを震え上がらせる剣豪、烏森堅四郎。正反対にもほどがある二人が、人生舞台で出会ってしまった。芸に惚れ込み押し掛け弟子になった堅四郎を、今日もしごき倒す恋之介。折しも両国で『大江戸芝居まつり』の開催が決定。一座の名を上げる絶好の機会に大張り切りする恋之介だったが、堅四郎は不穏な匂いを嗅ぎつける。期待の新シリーズ第一弾。

この作品を共有

「恋がらす事件帖(双葉文庫)」最新刊

奸臣を渾身の芝居で討ち果たし、晴れて辻ヶ浦藩六万石の若君として迎えられた恋之介。一方、看板役者を失った揚羽座は不入りが続き、弟子の剣豪、堅四郎は師の幸せを祈りつつも寂しさを隠しきれない。そして、同じく恋之介の不在に耐える雪ノ丞に邪悪な魔の手が忍び寄る――ままならなくもいとしい人生の哀歓を描く傑作時代小説、堂々の千秋楽!!

「恋がらす事件帖(双葉文庫)」作品一覧

(4冊)

539〜572(税込)

まとめてカート

観る者すべてを虜にする天才役者、揚羽恋之介と、見る者すべてを震え上がらせる剣豪、烏森堅四郎。正反対にもほどがある二人が、人生舞台で出会ってしまった。芸に惚れ込み押し掛け弟子になった堅四郎を、今日もしごき倒す恋之介。折しも両国で『大江戸芝居まつり』の開催が決定。一座の名を上げる絶好の機会に大張り切りする恋之介だったが、堅四郎は不穏な匂いを嗅ぎつける。期待の新シリーズ第一弾。

天才役者、揚羽恋之介と弟子の剣豪、烏森堅四郎の体を張った階段落ちで大人気となった揚羽座。だが、移り気な江戸っ子にすぐに飽きられ、犬が演じる忠臣蔵、その名も『忠犬蔵』に客を奪われる。荒れる恋之介に尽くす堅四郎だったが、ある夜、舞台で失敗した犬の五郎丸が座頭に折檻される場面に遭遇。思わず五郎丸を逃がしたことで、犬遣いの紅小町がほおずき長屋に乗り込んでくる。期待のシリーズ第二弾!

人気はあれど金はない揚羽座が満を持して挑んだ『石川五右衛門』の舞台初日。弟子の剣豪、堅四郎のしくじりにも動ぜず熱演する看板役者の恋之介に、客はみな酔い痴れる。今度こそガッポリ大儲けと思われたが、芝居中に殴り込んできたやくざ者と乱闘になり、衣装も大道具もボロボロに。責任を感じた恋之介らは女客相手の怪しげな見世「おひげ茶屋」で稼ごうと目論むが――。書き下ろしシリーズ第三弾。

「恋がらす事件帖(双葉文庫)」の作品情報

レーベル
双葉文庫
出版社
双葉社
ジャンル
文芸・小説
ページ数
270ページ (恋がらす事件帖 : 1 仇討一番)
配信開始日
2018年1月18日 (恋がらす事件帖 : 1 仇討一番)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad