電子書籍 逢瀬で読む源氏物語(アスキー新書) 新書

著者: 池田和臣 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

逢瀬で読む源氏物語 あらすじ・内容

性愛・愛執・救済、逢瀬の場面に鋭く立ち現れる女の生きざま。源氏物語研究の第一人者が読み解く物語の秘所。

源氏物語研究の第一人者が読み解く物語の秘所。逢瀬、すなわち男女の情交の場面は、男と女が一対一で向き合う緊迫した真剣勝負の場である。そこでは光源氏の物語の中での役割を超えて、女君一人ひとりの個性的な感性・心情・ふるまいなどが、おのずと際立って現れる。そこにこそ、それぞれの女君が源氏との関係を生かされることで背負わなければならない問題、女の生き方の問題がおのずと鋭く現れる。

この作品を共有

「逢瀬で読む源氏物語(アスキー新書)」最新刊

源氏物語研究の第一人者が読み解く物語の秘所。逢瀬、すなわち男女の情交の場面は、男と女が一対一で向き合う緊迫した真剣勝負の場である。そこでは光源氏の物語の中での役割を超えて、女君一人ひとりの個性的な感性・心情・ふるまいなどが、おのずと際立って現れる。そこにこそ、それぞれの女君が源氏との関係を生かされることで背負わなければならない問題、女の生き方の問題がおのずと鋭く現れる。

「逢瀬で読む源氏物語(アスキー新書)」の作品情報

レーベル
アスキー新書
出版社
角川アスキー総合研究所
ジャンル
新書 恋愛 古典 哲学 思想
ページ数
228ページ (逢瀬で読む源氏物語)
配信開始日
2011年8月10日 (逢瀬で読む源氏物語)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad