電子書籍 架空の犬と嘘をつく猫 文芸・小説

著: 寺地はるな 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

架空の犬と嘘をつく猫 あらすじ・内容

「あんたは社会にとって、なんの役にも立ってない子」そう言われて育った羽猫家長男の山吹。だけど彼が大人になり、みんなの《嘘》が解かれたとき、本当の家族の姿が見えてくる。
祖父:遊園地を作ろうと思いつく空想人。
祖母:嘘を売る人。比較的まとも。
父:すぐ逃げる。煙草の煙より軽い男。
母:自分の世界をつくり、そこに閉じこもる。
姉:嘘と嘘吐きが嫌い。だから家族みんなが大嫌い。
僕:家族を肯定するために、その嘘に寄り添う。

嘘をつく人は、結局はやさしいのかもしれない――これまでにない、若手実力派著者の感動作品!

この作品を共有

「架空の犬と嘘をつく猫」最新刊

「あんたは社会にとって、なんの役にも立ってない子」そう言われて育った羽猫家長男の山吹。だけど彼が大人になり、みんなの《嘘》が解かれたとき、本当の家族の姿が見えてくる。
祖父:遊園地を作ろうと思いつく空想人。
祖母:嘘を売る人。比較的まとも。
父:すぐ逃げる。煙草の煙より軽い男。
母:自分の世界をつくり、そこに閉じこもる。
姉:嘘と嘘吐きが嫌い。だから家族みんなが大嫌い。
僕:家族を肯定するために、その嘘に寄り添う。

嘘をつく人は、結局はやさしいのかもしれない――これまでにない、若手実力派著者の感動作品!

「架空の犬と嘘をつく猫」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸・小説 児童文学・童話・絵本
ページ数
238ページ (架空の犬と嘘をつく猫)
配信開始日
2018年1月29日 (架空の犬と嘘をつく猫)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad