電子書籍 二月の勝者 ―絶対合格の教室―(ビッグコミックス) マンガ

著: 高瀬志帆 
みんなの★
5.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(1) あらすじ・内容

中学受験界に現れた最強最悪の絶対合格講師

2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学受験界に現れたのは
生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!
受験の神様か、拝金の悪魔か? 早期受験が一般化する昨今、
もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を
圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作!

この作品を共有

「二月の勝者 ―絶対合格の教室―(ビッグコミックス)」作品一覧

(11冊)

各605(税込)

まとめてカート

NHKほか各メディアで話題の大注目作!

生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!

「最終的に偏差値58の壁を破る、ジャイアントキリング。
成しえそうな生徒が一人います」

学力を伸ばす「最後」のチャンス夏期講習も本番。

小学生だからこそ現実に起きる予測不能の「夏期講習あるある」ケンカ…鼻血…食あたり…!?

大人っぽく見えても12歳。
トップクラスΩの生徒が起こした衝撃の行動。
その真相と切なる子供の想いとは…?

「最後」のチャンスをつかめていない生徒に黒木が繰り出す意外なカンフル剤で発奮!?

高校受験が「大嫌い」な黒木、その理由と、中学受験をする家庭のそれぞれの事情。

今もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作第4集!

NHKほか各メディアで話題の大注目作!

生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!

最上位クラスΩへの特昇をかけた選抜テストがついに実施決定!
発表された昇格する生徒の名前は!?  
そしてこの結果を導いた要因とは?

日に日に張りつめる生徒たち、自習室で生徒同士のトラブル発生…!

各校舎の生徒が一堂に会する夏合宿。
全桜花生のトップはどんな生徒!?

志望校選びで親の作戦が試される
“併願パターン”は責任重大…!

“普通の小学生”の生活ってなんだろう?
「その生徒がいかに幼く、勉強に向いていないからといって“塾に通わない理由”にはならない」
「君たちこの先の人生ずっと、点数つけられて生きてくんだよ」
それぞれの想いを胸に奮闘する塾講師たち。

受験本番まで残り6か月を切り…
「“6か月もある”と思っていても、“6か月しかない”と思っていても、無限に今の日々が続くわけではないのです…!」

この夏、子どもたちは「受験生」になっていく。

今もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作第5集!

NHKほか各メディアで話題の大注目作!

生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!

この夏をどう過ごしたかが問われる9月模試、
それぞれの生徒の結果は…そしてその要因は!?

試験を経た子ども達の思わず涙がこみ上げる成長…!

Rクラスの子ども達の「今回はできた!」に隠された事実とは?
そして「夏の成果」はいつ出る?

Ωクラスの島津君と父親に更なる問題が…そして
まるみとジュリの関係にも変化が…?

「“情報”も“塾”にお金を払って買うものです」
志望校決定に必須の学校見学、その心構えと気を付けるべきポイントとは?

合格の前に立ちはだかる様々な壁を
生徒達が乗り越えるために黒木が施す“秘策”とは!?

今もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を
圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作第6集!

「二月の勝者 ―絶対合格の教室―(ビッグコミックス)」のおすすめコメント

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(1) Michi(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2018/03/27

その男は受験の神か、拝金主義者か?中学受験を徹底的なリアルで描く衝撃作!

受験をテーマにしたマンガは他にもあるが、その多くは熱血モノであり、自身の夢に向かって努力する登場人物の姿に感動すらするような作品だった。 しかし、本作は全く違う。その特徴は塾の側から見た物語、ということだ。 年々拡大し、熾烈になる中学受験だが、塾業界にとっては夢や涙を語る前に、これは「ビジネス」なのだという現実を突きつける本作に、背中がゾクっとさせられる。 ここに心や人情は不要といわんばかりの黒木の言動には違和感を覚えつつも、否定する言葉が見つからない。 かつて中学受験を経験した人・してない人、これから挑もうとする子供たちとその親。 立場によって本作の受け止め方は色々と思う。 ここで描かれる現実と、この試練を乗り越えた、あるいは乗り越えられなかった子供たちの未来に思いを巡らさずにはいられない。