電子書籍 漫才師が死んだ(―) 文芸・小説

著: 高瀬甚太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

漫才師が死んだ 前編 あらすじ・内容

早朝、芸能事務所の社員、吉岡は所属する漫才師の西脇から金を貸してほしいと頼まれる。西脇の悪い噂を耳にしていた吉岡はその頼みを断るが、一週間後、西脇は白浜の三段壁から飛び込み、自殺体となって発見される。検死のために白浜署へ向かった西脇は、そこで西脇が若い女と待ち合わせをしていたことを知る――。

この作品を共有

「漫才師が死んだ(―)」最新刊

西脇の相方、佐藤の死体が自殺体となって円月島近くの海岸に打ち上げられた。白浜署の木下刑事に連絡を受けた吉岡は、再び白浜へ向かう。事件は急展開を迎え、すべての真実が明らかになる――。

「漫才師が死んだ(―)」作品一覧

(3冊)

各275(税込)

まとめてカート

早朝、芸能事務所の社員、吉岡は所属する漫才師の西脇から金を貸してほしいと頼まれる。西脇の悪い噂を耳にしていた吉岡はその頼みを断るが、一週間後、西脇は白浜の三段壁から飛び込み、自殺体となって発見される。検死のために白浜署へ向かった西脇は、そこで西脇が若い女と待ち合わせをしていたことを知る――。

白浜に居残り、西脇の相方、佐藤を待つ間に吉岡は、西脇の死が自殺であったかどうか確認するために調査を開始する。ふと立ち寄った白良浜近くの大衆食堂で、若い女が立ち寄ったことを知り、その女が阪田神社に向かったことを知る。西脇の死と関係があるかどうかわからなかったが、吉岡はその神社に出向く。すると――。

西脇の相方、佐藤の死体が自殺体となって円月島近くの海岸に打ち上げられた。白浜署の木下刑事に連絡を受けた吉岡は、再び白浜へ向かう。事件は急展開を迎え、すべての真実が明らかになる――。

「漫才師が死んだ(―)」の作品情報

レーベル
――
出版社
太陽堂出版
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
22ページ (漫才師が死んだ 前編)
配信開始日
2018年2月2日 (漫才師が死んだ 前編)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad