電子書籍 サンダカンまで わたしの生きた道 実用

著者: 山崎朋子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

サンダカンまで わたしの生きた道 あらすじ・内容

大ベストセラーとなった『サンダカン八番娼館』の著者の波瀾に満ちた自伝。顔を切られるアクシデント、朝鮮人青年との結婚と別れ、そして再婚・出産を経て女性史の道へ。どんな困難にもめげずに自立し続けた女性の半生。解説・城戸久枝。

この作品を共有

「サンダカンまで わたしの生きた道」最新刊

大ベストセラーとなった『サンダカン八番娼館』の著者の波瀾に満ちた自伝。顔を切られるアクシデント、朝鮮人青年との結婚と別れ、そして再婚・出産を経て女性史の道へ。どんな困難にもめげずに自立し続けた女性の半生。解説・城戸久枝。

「サンダカンまで わたしの生きた道」の作品情報

レーベル
朝日文庫
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
367ページ (サンダカンまで わたしの生きた道)
配信開始日
2018年2月2日 (サンダカンまで わたしの生きた道)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad