電子書籍 まっすぐ前 そして遠くにあるもの 文芸・小説

著: 銀色夏生 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

まっすぐ前 そして遠くにあるもの あらすじ・内容

花はささやく 風は問う
 草木は想う 空は答える
 風景はいたるところで
 私たちの心に語りかけている
その時そこに 降ってきたことば
春から夏へ 秋から冬へ
一年をめぐる写真と言葉の記録
ことばは静かに降りつもる

この作品を共有

「まっすぐ前 そして遠くにあるもの」最新刊

花はささやく 風は問う
 草木は想う 空は答える
 風景はいたるところで
 私たちの心に語りかけている
その時そこに 降ってきたことば
春から夏へ 秋から冬へ
一年をめぐる写真と言葉の記録
ことばは静かに降りつもる

「まっすぐ前 そして遠くにあるもの」の作品情報

レーベル
幻冬舎文庫
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
195ページ (まっすぐ前 そして遠くにあるもの)
配信開始日
2018年2月7日 (まっすぐ前 そして遠くにあるもの)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad