電子書籍 経済学をまる裸にする 本当はこんなに面白い 実用

著: チャールズ・ウィーラン  訳者: 山形浩生  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

経済学をまる裸にする 本当はこんなに面白い あらすじ・内容

面白くって、ためになる、経済入門書の全米ベストセラー

意味不明な数式、わけのわからない専門用語、理解不能なグラフ……。
経済学は小難しくて退屈で、不明瞭なうえにつまらない、と学生時代に挫折した人も多いはず。
でも大丈夫。本書には、数式もなければ、グラフも図もありません。
余計なものを脱がせてしまえば、経済学はこんなにも面白くなり、ビジネスはもちろん、日常生活でも役立ちます。
数ある経済入門書の草分けである全米ベストセラーの新版を、改題・改訳して出版。
著者は、権威ある経済学者などではなく、英「エコノミスト」誌の元記者なので、ややこしい経済問題を笑えるエピソードとからめて解き明かしてくれます。

この作品を共有

「経済学をまる裸にする 本当はこんなに面白い」最新刊

面白くって、ためになる、経済入門書の全米ベストセラー

意味不明な数式、わけのわからない専門用語、理解不能なグラフ……。
経済学は小難しくて退屈で、不明瞭なうえにつまらない、と学生時代に挫折した人も多いはず。
でも大丈夫。本書には、数式もなければ、グラフも図もありません。
余計なものを脱がせてしまえば、経済学はこんなにも面白くなり、ビジネスはもちろん、日常生活でも役立ちます。
数ある経済入門書の草分けである全米ベストセラーの新版を、改題・改訳して出版。
著者は、権威ある経済学者などではなく、英「エコノミスト」誌の元記者なので、ややこしい経済問題を笑えるエピソードとからめて解き明かしてくれます。

「経済学をまる裸にする 本当はこんなに面白い」の作品情報

レーベル
――
出版社
日本経済新聞出版社
ジャンル
実用 経済
ページ数
502ページ (経済学をまる裸にする 本当はこんなに面白い)
配信開始日
2019年1月31日 (経済学をまる裸にする 本当はこんなに面白い)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad