電子書籍 刑事学校(文春文庫) 文芸・小説

著: 矢月秀作 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

刑事学校 あらすじ・内容

100万部突破の「もぐら」シリーズの著者による警察アクション小説が、文春文庫初登場!

畑中圭介の現職は、大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の教官。
「刑事学校」とは、新たに刑事となる若手警察官に、操作術と刑事魂を実地で教え込む場である。
6名の新米刑事を生徒にして教育中に畑中は、地元の殺人事件の捜査に生徒たちを率いて参加する。

温泉都市・別府市の郊外で、立石健吾が他殺体で発見された。
立石は畑中の小中学校時代の同級生で、当時から名うての問題児だった。
数年前東京から別府に戻ってきたが、高校進学からの数年間、人生の空白期間があった。畑中は刑事学校の生徒たちに探らせる一方、独自のルートで事件の背景を探る。
やがて事件の背後に、IR(統合型リゾート・カジノ)新設利権に絡む政治と裏社会の癒着が見えてきた……。

文庫オリジナルの痛快警察アクション!

この作品を共有

「刑事学校(文春文庫)」最新刊

暗黒に落ちる人間を刑事は救えるか!?
若き刑事たちの成長と苦悩を描く警察アクションシリーズ第二弾!

大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の教官・畑中圭介は六人の若き刑事たちを実地で指導している。
大分市内のぼったくりバーの内偵と、従業員の捜索を命じられた研修生たち。
社会の底辺の現実に戸惑いながらも、背後にひそむ異常な犯罪者の存在を炙り出す。
犯罪という社会の影の部分を前に、苦悩しながらも飛躍的な成長を遂げる生徒たち。

文庫オリジナル警察アクション第二弾!

「刑事学校(文春文庫)」作品一覧

(2冊)

703〜724(税込)

まとめてカート

100万部突破の「もぐら」シリーズの著者による警察アクション小説が、文春文庫初登場!

畑中圭介の現職は、大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の教官。
「刑事学校」とは、新たに刑事となる若手警察官に、操作術と刑事魂を実地で教え込む場である。
6名の新米刑事を生徒にして教育中に畑中は、地元の殺人事件の捜査に生徒たちを率いて参加する。

温泉都市・別府市の郊外で、立石健吾が他殺体で発見された。
立石は畑中の小中学校時代の同級生で、当時から名うての問題児だった。
数年前東京から別府に戻ってきたが、高校進学からの数年間、人生の空白期間があった。畑中は刑事学校の生徒たちに探らせる一方、独自のルートで事件の背景を探る。
やがて事件の背後に、IR(統合型リゾート・カジノ)新設利権に絡む政治と裏社会の癒着が見えてきた……。

文庫オリジナルの痛快警察アクション!

暗黒に落ちる人間を刑事は救えるか!?
若き刑事たちの成長と苦悩を描く警察アクションシリーズ第二弾!

大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の教官・畑中圭介は六人の若き刑事たちを実地で指導している。
大分市内のぼったくりバーの内偵と、従業員の捜索を命じられた研修生たち。
社会の底辺の現実に戸惑いながらも、背後にひそむ異常な犯罪者の存在を炙り出す。
犯罪という社会の影の部分を前に、苦悩しながらも飛躍的な成長を遂げる生徒たち。

文庫オリジナル警察アクション第二弾!

「刑事学校(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
283ページ (刑事学校)
配信開始日
2018年2月9日 (刑事学校)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad