電子書籍 キャッチャー・イン・ザ・ライム(ビッグコミックス) マンガ

完結
著: 背川昇  監修: 般若  他
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

キャッチャー・イン・ザ・ライム(1) あらすじ・内容

話題の百合ラップ・コミック、遂に発売!

青春は孤独だ。でも、わたしには“言葉”があるから。

ネガティブでひっこみ思案、思ったことが口に出せない主人公・高辻皐月(たかつじさつき)はなんとなく噛み合わない毎日を過ごしてきた。
しかし女子高入学式当日、同じく新入生のレンとアンズが披露したラップと出会ったことで、高校生活が少しずつ輝き出す。

「ねえ、わたしたち、崖っぷちに立つ誰かを救えるのかな?」

この作品を共有

「キャッチャー・イン・ザ・ライム(ビッグコミックス)」最新刊

女子高生活はラップバトル三昧。

青春ってつらい。でも私はラップで強くなる。

ラップに触れることで人とのコミュニケーションを取れるようになってきた主人公・高辻皐月(たかつじ・さつき)。

部の仲間であるレン、アンズ、ウツギ、カエデたちとそれぞれが抱える問題に向き合いながら、高校生活はより色鮮やかになっていく。

「…私は…誰かのための失敗例なのかな…」
「それは…まだ分からないよ…」

ラップする女子高生が愛おしい、異色青春漫画。
堂々完結、第2集。

「キャッチャー・イン・ザ・ライム(ビッグコミックス)」作品一覧

(2冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

話題の百合ラップ・コミック、遂に発売!

青春は孤独だ。でも、わたしには“言葉”があるから。

ネガティブでひっこみ思案、思ったことが口に出せない主人公・高辻皐月(たかつじさつき)はなんとなく噛み合わない毎日を過ごしてきた。
しかし女子高入学式当日、同じく新入生のレンとアンズが披露したラップと出会ったことで、高校生活が少しずつ輝き出す。

「ねえ、わたしたち、崖っぷちに立つ誰かを救えるのかな?」

女子高生活はラップバトル三昧。

青春ってつらい。でも私はラップで強くなる。

ラップに触れることで人とのコミュニケーションを取れるようになってきた主人公・高辻皐月(たかつじ・さつき)。

部の仲間であるレン、アンズ、ウツギ、カエデたちとそれぞれが抱える問題に向き合いながら、高校生活はより色鮮やかになっていく。

「…私は…誰かのための失敗例なのかな…」
「それは…まだ分からないよ…」

ラップする女子高生が愛おしい、異色青春漫画。
堂々完結、第2集。

「キャッチャー・イン・ザ・ライム(ビッグコミックス)」のおすすめコメント

キャッチャー・イン・ザ・ライム(1) コミタンM(BOOK☆WALKER スタッフ)

登録日:2018/04/10

ほとばしる青春をラップにノセて歌いあげろ!

ラップといえばリア充。ラップといえばオラオラ系。言葉の定義はともかく、ラップとか根暗でコミュ障で社会不適合な人たちとは、もっとも遠い言葉だと思っていました。 ところが今作の主人公である高辻皐月は、メガネ、黒髪ロングで、引っ込み思案の根暗女子高生。 さらに彼女をラップバトル部に誘った同級生、レンも表面的には明るくやってますが、家庭環境など裏ではいろいろとありそうです。 でもそのレンが言います。 「“何かになりたい”ためのHIPHOPじゃねえ!!隠してる自分の“何か”を晒せっ!!」 本当はラップは、コミュケーションがうまくできない人にこそ、大きな武器となるものだったのです。 韻を踏むというルールの中で紡ぎ出す言葉が、音楽に乗ることで自分の隠れた思いをさらけ出していきます。 この作品で彼女たちが作る部活が、ただのラップではなく“ラップバトル部”なことも、大事な要素です。バトルだからこそ、彼女たちはより強制的に、無理やりひねり出してでも、言葉を吐き出さないといけないからです。 青春の光と闇に彩られた、魂の開放。リリックなテーマをラップにノセて、どえらい物語が送りつけられてきました。

「キャッチャー・イン・ザ・ライム(ビッグコミックス)」の作品情報

レーベル
ビッグコミックス
出版社
小学館
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ 完結
ページ数
179ページ (キャッチャー・イン・ザ・ライム(1))
配信開始日
2018年3月2日 (キャッチャー・イン・ザ・ライム(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad