電子書籍 ラブスター博士の最後の発見(創元SF文庫) 文芸・小説

著: アンドリ・S・マグナソン  訳者: 佐田千織 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ラブスター博士の最後の発見 あらすじ・内容

「鳥信号」、「叫び屋」、「ラブデス」、「インラブ」……謎めいた天才科学者ラブスターの数々の大発明によって、世の中はすっかり様変わり。幸福な恋人だったインドリディとシグリッドは、「インラブ」により「運命の相手は別にいる」と「計算」されたせいで引き裂かれてしまう。一方、何年ものあいだ探し求めていたひと粒の「種」をついに発見したラブスターは、あと4時間で死ぬ運命にあった。彼らの旅路は、一億の星が降る夜に結末を迎える……。優しくてちょっと奇妙な、世界の終わりと再生の物語。2012年フィリップ・K・ディック賞特別賞受賞作。

この作品を共有

「ラブスター博士の最後の発見(創元SF文庫)」最新刊

「鳥信号」、「叫び屋」、「ラブデス」、「インラブ」……謎めいた天才科学者ラブスターの数々の大発明によって、世の中はすっかり様変わり。幸福な恋人だったインドリディとシグリッドは、「インラブ」により「運命の相手は別にいる」と「計算」されたせいで引き裂かれてしまう。一方、何年ものあいだ探し求めていたひと粒の「種」をついに発見したラブスターは、あと4時間で死ぬ運命にあった。彼らの旅路は、一億の星が降る夜に結末を迎える……。優しくてちょっと奇妙な、世界の終わりと再生の物語。2012年フィリップ・K・ディック賞特別賞受賞作。

「ラブスター博士の最後の発見(創元SF文庫)」の作品情報

レーベル
創元SF文庫
出版社
東京創元社
ジャンル
文芸・小説 SF 海外文学 フィリップ・K・ディック賞
ページ数
396ページ (ラブスター博士の最後の発見)
配信開始日
2014年12月22日 (ラブスター博士の最後の発見)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad