電子書籍 一〇一歳の習慣  いつまでも健やかでいたいあなたに、覚えておいてほしいこと 実用

著者: 高橋幸枝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

一〇一歳の習慣  いつまでも健やかでいたいあなたに、覚えておいてほしいこと あらすじ・内容

この本には一〇一歳を迎えた私が
長年続けてきたささやかな習慣や、
普段から心がけていることを
まとめました。
皆様がより健やかに、
より幸せな日々を送るために、
どうぞお役立てください。
(「はじめに」より)

ベストセラー
『100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減』の著者がおくる、
一〇一年の人生に裏付けられた、長寿の秘訣

◎からだには「よい負荷」をかけること
◎おいしく食べられる量が適量です
◎お酒は料理の味を邪魔しない程度に
◎日に何度かは大空を見上げましょう
◎明るい色を身にまとう
◎花を育てましょう
◎亡き人に宛てた手紙を書く
◎危険信号は早めに発信する
◎後悔のタネは減らしておく
◎左右両手を使う習慣を
◎座りながら、家にいながらできる運動のコツ


目次
第1章 「ほんのひと手間」の魔法
1 面倒なことも、あなたの人生の大切な断片です
2 手間がかかることほど、やりがいがある
3 「煩わしさ」の先には、幸せが待っている
4 自分以外のことに手間をかける、という贅沢
5 面倒に思える人ほど、本当はありがたい

第2章 ゆるやかな人間関係は、人生の宝物
6 人間関係は、もっとなめらかにできる
7 「ありがとう」を期待しない
8 区切りを意識する
9 与えることで、与えられる
10 話を聞くだけでも、相手のお役に立てる
11 誠実さは、必ず届く
12 適当でもいい、周囲に寄り添っていく
13 あらゆる競争から、“卒業""していい
14 別れより、出会いに目を向ける
15 周りの力はうまく借りる
16 笑顔に勝るお返しはない
17 後悔のタネは、減らしておく

第3章 年齢を重ねながらゆっくり考えたこと
18 年齢を重ねるほど、ユーモアを大切にする
19 一日に何度か空を眺める
20 時間の流れを意識する
21 人の持つ力を、信じる
22 敵の戦闘機が飛んできても、人はたくましく生きられる
23 死後のことくらい、自由に想像してもいいじゃない
24 お別れしたあなたへ。亡き人に宛てた手紙をしたためる

第4章 生きる力をくれる、ささやかなもの
25 天気の悪い日ほど、微笑んでみる
26 明るい色から力をもらう
27 掃除とは、実益を兼ねた最高の“気晴らし”
28 身近な花が、支えてくれる
29 守るべき小さな命が、大きな慰めをくれる
30 布団から飛び出したくなる楽しみを用意する
31 酔狂なことでも、書いてみる

第5章 からだと心の声にゆっくり耳を傾ける
32 からだと話をしていますか?
33 からだはこまめに使う
34 危険信号は早めに出す
35 長寿の秘訣は、挑戦、節制、適度な負荷
36 自炊にしがみつかなくていい
37 食事は「おいしくいただける量」が適量
38 寒い場所に、身を置かない
39 両手を使えば、脳に刺激を与えられる
40 家の中でも運動はできる
41 がんとも一緒に仲良く生きる

この作品を共有

「一〇一歳の習慣  いつまでも健やかでいたいあなたに、覚えておいてほしいこと」最新刊

この本には一〇一歳を迎えた私が
長年続けてきたささやかな習慣や、
普段から心がけていることを
まとめました。
皆様がより健やかに、
より幸せな日々を送るために、
どうぞお役立てください。
(「はじめに」より)

ベストセラー
『100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減』の著者がおくる、
一〇一年の人生に裏付けられた、長寿の秘訣

◎からだには「よい負荷」をかけること
◎おいしく食べられる量が適量です
◎お酒は料理の味を邪魔しない程度に
◎日に何度かは大空を見上げましょう
◎明るい色を身にまとう
◎花を育てましょう
◎亡き人に宛てた手紙を書く
◎危険信号は早めに発信する
◎後悔のタネは減らしておく
◎左右両手を使う習慣を
◎座りながら、家にいながらできる運動のコツ


目次
第1章 「ほんのひと手間」の魔法
1 面倒なことも、あなたの人生の大切な断片です
2 手間がかかることほど、やりがいがある
3 「煩わしさ」の先には、幸せが待っている
4 自分以外のことに手間をかける、という贅沢
5 面倒に思える人ほど、本当はありがたい

第2章 ゆるやかな人間関係は、人生の宝物
6 人間関係は、もっとなめらかにできる
7 「ありがとう」を期待しない
8 区切りを意識する
9 与えることで、与えられる
10 話を聞くだけでも、相手のお役に立てる
11 誠実さは、必ず届く
12 適当でもいい、周囲に寄り添っていく
13 あらゆる競争から、“卒業""していい
14 別れより、出会いに目を向ける
15 周りの力はうまく借りる
16 笑顔に勝るお返しはない
17 後悔のタネは、減らしておく

第3章 年齢を重ねながらゆっくり考えたこと
18 年齢を重ねるほど、ユーモアを大切にする
19 一日に何度か空を眺める
20 時間の流れを意識する
21 人の持つ力を、信じる
22 敵の戦闘機が飛んできても、人はたくましく生きられる
23 死後のことくらい、自由に想像してもいいじゃない
24 お別れしたあなたへ。亡き人に宛てた手紙をしたためる

第4章 生きる力をくれる、ささやかなもの
25 天気の悪い日ほど、微笑んでみる
26 明るい色から力をもらう
27 掃除とは、実益を兼ねた最高の“気晴らし”
28 身近な花が、支えてくれる
29 守るべき小さな命が、大きな慰めをくれる
30 布団から飛び出したくなる楽しみを用意する
31 酔狂なことでも、書いてみる

第5章 からだと心の声にゆっくり耳を傾ける
32 からだと話をしていますか?
33 からだはこまめに使う
34 危険信号は早めに出す
35 長寿の秘訣は、挑戦、節制、適度な負荷
36 自炊にしがみつかなくていい
37 食事は「おいしくいただける量」が適量
38 寒い場所に、身を置かない
39 両手を使えば、脳に刺激を与えられる
40 家の中でも運動はできる
41 がんとも一緒に仲良く生きる

「一〇一歳の習慣  いつまでも健やかでいたいあなたに、覚えておいてほしいこと」の作品情報

レーベル
――
出版社
飛鳥新社
ジャンル
実用 心理学
ページ数
190ページ (一〇一歳の習慣  いつまでも健やかでいたいあなたに、覚えておいてほしいこと)
配信開始日
2018年2月23日 (一〇一歳の習慣  いつまでも健やかでいたいあなたに、覚えておいてほしいこと)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad