電子書籍 茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける 文芸・小説

著者: 諏訪宗篤 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける あらすじ・内容

本能寺の変を知り自刃を考えた家康に向かい、出入りの商人・茶屋四郎次郎は叫ぶ。信長への饗応費と家康への貸付回収、そして将来手にする利益のために、必ずや家康を三河に帰す、と。かくして茶屋は奉行となり、魑魅魍魎跋扈する伊賀の地を縦断する!

この作品を共有

「茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける」最新刊

本能寺の変を知り自刃を考えた家康に向かい、出入りの商人・茶屋四郎次郎は叫ぶ。信長への饗応費と家康への貸付回収、そして将来手にする利益のために、必ずや家康を三河に帰す、と。かくして茶屋は奉行となり、魑魅魍魎跋扈する伊賀の地を縦断する!

「茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける」の作品情報

レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
225ページ (茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける)
配信開始日
2018年2月16日 (茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad