電子書籍 神々の乱心(文春文庫) 文芸・小説

著: 松本清張 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

神々の乱心 上 あらすじ・内容

昭和初期を雄渾に描く、巨匠最後の小説。
満洲と日本を舞台に描いた未完の大作千七百枚

2018年3月、NHK『100分de名著』でも取り上げられる、松本清張渾身の遺作!

昭和八年。東京近郊の梅広町にある「月辰会研究所」から出てきたところを尋問された若い女官が自殺した。
特高課第一係長・吉屋謙介は、自責の念と不審から調査を開始する。
同じころ、華族の次男坊・萩園泰之は女官の兄から、遺品の通行証を見せられ、月に北斗七星の紋章の謎に挑む。

この作品を共有

「神々の乱心(文春文庫)」最新刊

昭和八年、「月辰会研究所」から出てきた女官が自殺した。特高係長は謎を追うが――。
満洲と日本を舞台に描いた未完の大作千七百枚

2018年3月、NHK『100分de名著』でも取り上げられる、松本清張渾身の遺作!

昭和八年の暮れ、渡良瀬遊水池から他殺体があがった。
そして、もう一体。
連続殺人事件と新興宗教「月辰会研究所」との関わりを追う特高係長・吉屋謙介と、
信徒の高級女官を姉に持つ萩園泰之。
「『く』の字文様の半月形の鏡」とは何か?
背後に蠢く「大連阿片事件」関係者たちの思惑は?
物語は大正時代の満州へと遡る。未完の大作!

「神々の乱心(文春文庫)」作品一覧

(2冊)

683〜734(税込)

まとめてカート

昭和初期を雄渾に描く、巨匠最後の小説。
満洲と日本を舞台に描いた未完の大作千七百枚

2018年3月、NHK『100分de名著』でも取り上げられる、松本清張渾身の遺作!

昭和八年。東京近郊の梅広町にある「月辰会研究所」から出てきたところを尋問された若い女官が自殺した。
特高課第一係長・吉屋謙介は、自責の念と不審から調査を開始する。
同じころ、華族の次男坊・萩園泰之は女官の兄から、遺品の通行証を見せられ、月に北斗七星の紋章の謎に挑む。

昭和八年、「月辰会研究所」から出てきた女官が自殺した。特高係長は謎を追うが――。
満洲と日本を舞台に描いた未完の大作千七百枚

2018年3月、NHK『100分de名著』でも取り上げられる、松本清張渾身の遺作!

昭和八年の暮れ、渡良瀬遊水池から他殺体があがった。
そして、もう一体。
連続殺人事件と新興宗教「月辰会研究所」との関わりを追う特高係長・吉屋謙介と、
信徒の高級女官を姉に持つ萩園泰之。
「『く』の字文様の半月形の鏡」とは何か?
背後に蠢く「大連阿片事件」関係者たちの思惑は?
物語は大正時代の満州へと遡る。未完の大作!

「神々の乱心(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
517ページ (神々の乱心 上)
配信開始日
2018年2月23日 (神々の乱心 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad