電子書籍 ぼんくら同心と徳川の姫(コスミック時代文庫) 文芸・小説

著: 聖龍人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ぼんくら同心と徳川の姫 雨あがりの恋 あらすじ・内容

北町奉行所の同心・末広喜十郎は、例繰方に勤める人嫌いの偏屈な男。妻に先立たれ、娘とふたり、ひっそりと暮らしている。そんな喜十郎のいきつけの一膳飯屋『ひさご』で、ある日、若い美貌の女中・お松が働きだした。けったいなお供の三蔵を引き連れ、とてもただの女中とは思えぬ娘であったが、それもそのはず、このお松こそ、徳川吉宗を父にもつ、正真正銘、将軍のお姫さまであった。市井の暮らしを知りたいと、お忍びで出てきたお松であったが、目立たぬ風貌に隠された喜十郎の、優れた知性と探索力に、乙女心が揺れはじめて……。人気作家の新境地・待望の新シリーズ開幕!!

  • シェア:

「ぼんくら同心と徳川の姫(コスミック時代文庫)」作品一覧

(9冊)

693〜715(税込)

まとめてカート

北町奉行所・例繰方同心の末広喜十郎は、人付き合いが苦手で本好きないっぷう変わった男。他の同僚からは『ぼんくら』などと揶揄される始末だが、難事件の探索では意外な冴えを見せることも。そんな喜十郎が、一膳飯屋で働くお松という娘に恋をする。喜十郎の好意に対して、素直に応えたいお松であったが、この若い娘には、とんでもない秘密が隠されていた。前将軍・徳川吉宗の子であり、御三卿一橋家の姫――それが、お松がひた隠しにする本当の身分なのであった。そんなお松が、ある日、謎の刺客たちに命を狙われる。負った傷の療養と、敵の真の正体を探るため、お松一行は神奈川宿へと旅に出るのだが……。大人気シリーズの第四弾。

人を寄せつけず、書物のみを心の友として暮らす北町奉行所の同心・末広喜十郎。まわりからは『ぼんくら』などと呼ばれ、変人あつかいであるが、こと事件の探索では思わぬ活躍を見せる。そんな喜十郎が一世一代の恋に落ちてしまったのが、一膳飯屋の女中・お松。ところがこのお松という娘、まことの素性は前将軍・徳川吉宗の実子であり、一橋家の姫さま。しかもいまのお松は、正体不明の敵に命を狙われている身で、とてものこと、喜十郎の好意に応えられる状況ではなかった……。愛する気持ちゆえ、みずから身を引こうとするお松の前に、魅力あふれる某藩の若さまが現れるのだが……。まさかの展開が見逃せない、人気シリーズ第五弾。

北町奉行所の例繰方同心・末広喜十郎と、徳川吉宗の血を引く葵の姫・お松。ふたりはたがいを想い合いながらも、それぞれの思惑からべつべつの道を歩むことを決意した。奥州の若さま・室川陸奥守雅治との婚儀の準備が進むなか、なおも揺れ惑うお松の前に現れたのは、雅治の幼馴染みと名乗る不思議な姫。しかもどうもこの姫は、自分こそが雅治の許嫁だと、勝手に思い込んでいるようなのだ。一方、失意のまま、仕事に精を出す喜十郎であったが、その姿を見て、ある意外な女性が心を揺れ動かされていた……。新たな人物の登場で、ますます目が離せないシリーズ・第六弾。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。