電子書籍 神ゲークロニクル 実用

著者: 三才ブックス 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

神ゲークロニクル vol.1 あらすじ・内容

日本を代表するアクションアドベンチャーゲーム『ゼルダの伝説』。王道だけど王道じゃない、ゲームの本質とは何かを問い続けてきたシリーズが「ブレス オブ ザ ワイルド」へと至る歴史を振り返る!

日本を代表するアクションアドベンチャーゲーム『ゼルダの伝説』。王道だけど王道じゃない、ゲームの本質とは何かを問い続けてきたシリーズが「ブレス オブ ザ ワイルド」へと至る歴史を振り返る! そのほか、時代を越えて愛されるゲームたちの魅力を分析!
〈主な内容〉
●ハイラルの歴史
●各ハードの『ゼルダ』
●『ゼルダ』シリーズの黒歴史に迫る
●ゲーム業界の成熟を示す「周年ゲーム」たち

※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。
・2017年4月号(P064-080)・2016年4月号(P034-037)
一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。

この作品を共有

「神ゲークロニクル」最新刊

早すぎたコンセプトと遅すぎた開発スピード。今も多くのユーザーの心をとらえて離さない『シェンムー』。その魅力はどこにあったのか!? そのほか、時代を越えて愛されるゲームの魅力を分析!
〈主な内容〉
●シェンムー狂騒曲
●5分でわかるシェンムーの世界
●専門誌が報じたシェンムー
●セガとシェンムーと私
●ゲーム業界の成熟を示す「周年ゲーム」たち

※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。
・2014年10月号(P145-153)・2016年4月号(P034-037)
一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。

「神ゲークロニクル」作品一覧

(8冊)

各220(税込)

まとめてカート

日本を代表するアクションアドベンチャーゲーム『ゼルダの伝説』。王道だけど王道じゃない、ゲームの本質とは何かを問い続けてきたシリーズが「ブレス オブ ザ ワイルド」へと至る歴史を振り返る! そのほか、時代を越えて愛されるゲームたちの魅力を分析!
〈主な内容〉
●ハイラルの歴史
●各ハードの『ゼルダ』
●『ゼルダ』シリーズの黒歴史に迫る
●ゲーム業界の成熟を示す「周年ゲーム」たち

※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。
・2017年4月号(P064-080)・2016年4月号(P034-037)
一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。

1996年に爆誕した『ポケットモンスター』シリーズ。現在は世界中で愛される作品だが、その過程に起きたさまざまな事件を振り返ってみよう。そのほか、時代を越えて愛されるゲームたちの魅力を分析!
〈主な内容〉
●基礎知識編
●1990年代 予想を超えるスマッシュヒットに
●2000年代 試行錯誤の時代
●2010年代 世界的なタイトルへ
●2016年 新たなプラットフォームに
●ゲーム業界の成熟を示す「周年ゲーム」たち

※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。
・2016年3月号(P064-080)・2016年4月号(P034-037)
一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。

スピンオフやリメイクを含めタイトル数は100作を数えるほどの巨大シリーズになっている『バイオハザード』。その歩みを振り返ってみよう。そのほか、時代を越えて愛されるゲームたちの魅力を分析!
〈主な内容〉
●キャラクター&ゾンビ名鑑
●『バイオハザード』シリーズ20周年クロニクル
●外伝、スピンオフ作品
●メディアミックス作品
●開発闇歴史
●映画『バイオハザード』
●『バイオハザード』が変えたゲームシーン
●ゲーム業界の成熟を示す「周年ゲーム」たち

※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。
・2016年4月号(P064-080)・2016年4月号(P034-037)
一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。

「神ゲークロニクル」の作品情報

レーベル
――
出版社
三才ブックス
ジャンル
実用
ページ数
28ページ (神ゲークロニクル vol.1)
配信開始日
2018年2月27日 (神ゲークロニクル vol.1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad