電子書籍 ピュタゴラスの旅 文芸・小説

著: 酒見賢一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ピュタゴラスの旅 あらすじ・内容

究極のミステリー、あるいは哲学・求道の青春小説、そして恐怖と幻想、寓意譚

 ミステリーの、ひいては小説の約束事に挑戦する「そしてすべて目に見えないもの」。魂の浄化を求めて果てのない旅を続ける哲人を描く表題作。物語の欺瞞と抑圧を暴き、その極北に挑む「籤引き」。みずみずしい創作活動の魂の軌跡をあざやかに示す酒見ワールドの原点。アイロニカルで寓意に富む5編からなる作品集。中島敦文学賞受賞作。

・そしてすべて目に見えないもの
・ピュタゴラスの旅
・籤引き
・虐待者たち
・エピクテトス

●酒見賢一(さけみ・けんいち)
福岡県生まれ。愛知大学卒業。1989年『後宮小説』で第1回日本ファンタジーノベル大賞を受賞(「雲のように風のように」の題でアニメ化)しデビュー。1992年『墨攻』他で中島敦記念賞を、2000年『周公旦』で、新田次郎文学賞を受賞。その他、『陋巷に在り』『泣き虫弱虫諸葛孔明』など著書多数。

この作品を共有

「ピュタゴラスの旅」最新刊

究極のミステリー、あるいは哲学・求道の青春小説、そして恐怖と幻想、寓意譚

 ミステリーの、ひいては小説の約束事に挑戦する「そしてすべて目に見えないもの」。魂の浄化を求めて果てのない旅を続ける哲人を描く表題作。物語の欺瞞と抑圧を暴き、その極北に挑む「籤引き」。みずみずしい創作活動の魂の軌跡をあざやかに示す酒見ワールドの原点。アイロニカルで寓意に富む5編からなる作品集。中島敦文学賞受賞作。

・そしてすべて目に見えないもの
・ピュタゴラスの旅
・籤引き
・虐待者たち
・エピクテトス

●酒見賢一(さけみ・けんいち)
福岡県生まれ。愛知大学卒業。1989年『後宮小説』で第1回日本ファンタジーノベル大賞を受賞(「雲のように風のように」の題でアニメ化)しデビュー。1992年『墨攻』他で中島敦記念賞を、2000年『周公旦』で、新田次郎文学賞を受賞。その他、『陋巷に在り』『泣き虫弱虫諸葛孔明』など著書多数。

「ピュタゴラスの旅」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説
ページ数
194ページ (ピュタゴラスの旅)
配信開始日
2015年6月20日 (ピュタゴラスの旅)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad