電子書籍 マリオネットの譚詩 文芸・小説

著: 菊地秀行 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

マリオネットの譚詩 あらすじ・内容

獣人に追われる少女の前に、謎の転校生が登場して…

 東京都立流(ながれ)高校。その学区では、猛獣のしわざとしか思えない悲惨な殺人事件が続発していた。
 夜の校舎。画壇期待の逸材と讃えられる2年生、故里やよいは、顔のない肖像画を前に、ひとり、制作を続けていた。やがて迫りくる黒い影。だがそれは、謎の転校生との出会いの夜でもあった。
 血に飢えた獣たちを操るのは誰か? ついに、最終戦争が始まった…!!

 クトゥルー神話の世界観がふんだんに作中に盛り込まれたバイオレンス・アクションの傑作。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市“新宿”』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

この作品を共有

「マリオネットの譚詩」最新刊

獣人に追われる少女の前に、謎の転校生が登場して…

 東京都立流(ながれ)高校。その学区では、猛獣のしわざとしか思えない悲惨な殺人事件が続発していた。
 夜の校舎。画壇期待の逸材と讃えられる2年生、故里やよいは、顔のない肖像画を前に、ひとり、制作を続けていた。やがて迫りくる黒い影。だがそれは、謎の転校生との出会いの夜でもあった。
 血に飢えた獣たちを操るのは誰か? ついに、最終戦争が始まった…!!

 クトゥルー神話の世界観がふんだんに作中に盛り込まれたバイオレンス・アクションの傑作。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市“新宿”』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

「マリオネットの譚詩」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説 SF ファンタジー ホラー
ページ数
264ページ (マリオネットの譚詩)
配信開始日
2014年8月5日 (マリオネットの譚詩)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad