電子書籍 カンゼンのサッカー戦術ブックス 実用

著者: 遠藤保仁  著者: 西部謙司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意 あらすじ・内容

ついに明かされる日本サッカー界、最高の“頭脳”である<遠藤保仁×西部謙司>による共著!

ついに明かされる日本サッカー界、最高の“頭脳”である<遠藤保仁×西部謙司>による共著!

日本代表、ガンバ大阪での体験・経験を通じて、遠藤保仁が考える理想のサッカースタイル
その類まれなプレー理論やサッカー理論、戦術理論について稀代の戦術家である西部謙司が余すところなく解説。


試合中に遠藤が見ている世界とは?

「調子がいいときは“ここにいるだろうな”というところまでドンピシャでわかります。
そういうときはプレーが楽ですね。遠くのほうをしっかり見て、近くは残像で見る感じですかね。
近いほうは自然に目に入ってきますから」

【CONTENTS】

●第一章 『眼』

ピッチでは眼(視覚)で状況をとらえることからはじまる。遠藤は眼からどのような情報を集めているのか?
ボールやゴール、敵味方21名、時にはベンチにいたるまで。優位な戦況を作り出せるかどうかは眼で決まる。
遠藤が日頃から見ている試合の風景を紐解く。


優位な戦況を作る眼
少年が見ていたブランコと、敵の監督
ダイレクト・ロング・スルーパス
レシャックに出会って確信を得る
〝とられない〟の前提
量より質
こだわりのパス
楽しさの原点

●第二章 『術』

眼でとらえた情報だけではプレーできない。実行するには技術が必要になる。
一見すると、遠藤は派手なプレーをしない。それでも正確かつ大胆に淡々とプレーする。
遠藤がこだわる技術とは何か?
ゲームをあやつる術を解き明かす。


ゲームをあやつる術
プロゴルファー猿?
シュートはコース
守備での貢献
変幻自在のポジショニング
間で受ける
同数なら守れる
もし、遠藤保仁が監督だったら
ピッチで生きる「術」

この作品を共有

「カンゼンのサッカー戦術ブックス」作品一覧

(8冊)

1,287〜1,584(税込)

まとめてカート

スカウティングのプロが
進化系プレーヤーを徹底解析!!

岡田武史監督を支えた、
元日本代表コーチ・小野剛が
最先端サッカーを分析する!

シャビ、イニエスタ、フォルラン、メッシといった選手たちは
まるでプレスがかかっていないが如く、縦横無尽にピッチ上で躍動する。
なぜこれほどにもサッカーがシンプルに見えるのか?
ほかの選手との違いはどこにあるのか?
サッカーが進化し続ける中で、
各ポジションに求められるディマンド(要求)も高まっている。
超一流選手が見せる究極のプレーを
スカウティングのプロが徹底解析する。

最先端サッカーに求められる選手像とは?
FW 勝利のためのハードワークは当たり前
  ターゲットプレーヤーの価値とは?
  攻撃のスイッチを入れて活性化させる
MF ボックストゥボックスプレーヤーになれ
  プレッシャーの中で精度の高いキックができるか
  パノラマ視野でゲームの流れを読む
SB コンダクタータイプと槍タイプを組み合わせる
  1対1でタフに身体を寄せられるか
  スプリントを繰り返す能力
CB 強固なディフェンスは大前提
  ラインコントロール能力の適性
  攻撃面ではビルドアップ能力が問われる
GK 足元の上手さがあれば最終ラインに1枚増えるようなもの
  ブレイクアウェイで、未然にピンチを防ぐ
  派手なセーブを頻発するGKはダメなGK

目次
第1章 最先端のグッドプレーヤー
第2章 グッドプレーヤーの条件
第3章 各ポジションで求められる能力 FW、MF編
第4章 各ポジションで求められる能力 CB、SB、GK編
第5章 時代を彩ってきたグッドプレーヤーたち
第6章 グッドプレーヤーになるために

オランダサッカー協会公認1級・UEFA公認A級
林雅人による「プロ基準で見るゲーム分析の極意」

「プロはサッカーをどう見ている?」
“戦術IQ”が上がるサッカーの教科書

プロの試合観戦メソッド、初公開!
▽選手それぞれの能力に見合ったチームとしての戦い方のことを「戦術」という
▽「システム」を理解することで、チームが具体的に何を選手に求めているのかがわかってくる
▽両チームのシステムを組み合わせることで、試合で起こるかもしれない「可能性」が見えてくる
▽1本や2本でゴールに近づけるようなパスと動きがあれば、それは最高のビルドアップになる
▽分析していく中で「鍵となる局面 」は、試合の前半にしばしば見られるものだ
▽ゾーンディフェンスとは固定された「ゾーン 」を守ることではない
▽ポジショニングには守備の際の中間ポジションがある
▽組織的な守備とは「ボールをどこに追い込むか」という意図が見られる守備のことをいう


より深くサッカーを見るために
  サッカーを見る視点を養うには、まずたくさんの試合を観戦すること。次に、選手の動きを考えながら見る、ということを習慣づけなければいけない。
この本は、僕がオランダで学んだ「戦術」の知識を基にして、「サッカーの見方」を記していくものだ。サッカーの本質をわかりやすく解説し、より深くサッカーが見られるように工夫している。(本書「プロローグ」より)