電子書籍 カンゼンのサッカーブックス 実用

著者: 小澤一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ あらすじ・内容

サッカー選手の正しい売り方。移籍ビジネスの内情を解き明かすとともに、海外・国内移籍の最新事例を検証しながらJクラブ、選手がよりよい未来を築くために必要な移籍戦略について考察していく。

サッカー選手の正しい売り方
―移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ―


長友佑都(インテル)、香川真司(ドルトムント)、長谷部誠(ヴォルフスブルク)、内田篤人(シャルケ)、宇佐美貴史(バイエルン)、岡崎慎司(シュツットガルト)、家永昭博(マジョルカ)、宮市亮(アーセナル)、松井大輔(ディジョン)……etc

総勢20名以上の日本人選手が欧州のトップリーグに在籍するようになった現在、かつてないほど日本の選手獲得に欧州クラブの目が向けられている。スポーツ紙が嬉々として報じる海外移籍ラッシュは日本代表の強化、選手の成長という面で歓迎すべき面がある反面、諸手を挙げて喜んでばかりはいられない面もある。

それが「0円移籍」という問題だ。

実に半数以上の日本人選手が移籍金(違約金)0円で欧州のクラブに獲られている。
ただでさえ厳しいJリーグのクラブ経営という観点から見れば、大切な商品である選手がタダ同然(育成費は発生する場合がある)で移籍してしまうことはまさに死活問題となる。

なぜJクラブは相次ぐこの事態を阻止できないのか? クラブを救う手立てはないのか?

移籍市場は、したたかな者が勝つビジネスの「戦場」である。海千山千の欧州クラブと対等に移籍ビジネスを行い、Jクラブの利益を守るためには、まずは欧州のスタンダードを熟知し、「戦略」を立てなければならない。

否応なしにグローバル化する移籍市場のなかで、海外・国内問わずサッカー選手の「正しい売り方」を模索していかなければ日本サッカーの未来は危うい。

日本サッカー、Jリーグがさらに発展していくために、我々は何をするべきなのか?

移籍ビジネスの内情を解き明かすとともに、海外・国内移籍の最新事例を検証しながらJクラブ、選手がよりよい未来を築くために必要な移籍戦略について考察していく。

この作品を共有

「カンゼンのサッカーブックス」最新刊

日本初の地域スポーツマネジメント本格ガイド
これ1冊でクラブ運営のすべてがわかる!


地域スポーツのクラブ運営にかかせないのが“マネジメント力”。「でも、法律って難しくてよくわからない…」という悩みを抱えている方も多いでしょう。本書は、そんな地域スポーツの現場に携わるすべての人たちの疑問や悩みにスポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく答えた一冊です。法律の知識がほとんどない中で、あなたがクラブ運営に携わっている大きなリスク、一歩間違えれば大問題になりかねない法律の落とし穴、などなど…スポーツにかかわる法律のあれこれをすべて教えます。スポーツビジネスでの起業を考えている方はもちろん、少年スポーツチームの運営・指導に携わっている監督・コーチ、保護者の方も必読です!

「カンゼンのサッカーブックス」作品一覧

(6冊)

1,584〜1,683(税込)

まとめてカート

サッカー選手の正しい売り方
―移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ―


長友佑都(インテル)、香川真司(ドルトムント)、長谷部誠(ヴォルフスブルク)、内田篤人(シャルケ)、宇佐美貴史(バイエルン)、岡崎慎司(シュツットガルト)、家永昭博(マジョルカ)、宮市亮(アーセナル)、松井大輔(ディジョン)……etc

総勢20名以上の日本人選手が欧州のトップリーグに在籍するようになった現在、かつてないほど日本の選手獲得に欧州クラブの目が向けられている。スポーツ紙が嬉々として報じる海外移籍ラッシュは日本代表の強化、選手の成長という面で歓迎すべき面がある反面、諸手を挙げて喜んでばかりはいられない面もある。

それが「0円移籍」という問題だ。

実に半数以上の日本人選手が移籍金(違約金)0円で欧州のクラブに獲られている。
ただでさえ厳しいJリーグのクラブ経営という観点から見れば、大切な商品である選手がタダ同然(育成費は発生する場合がある)で移籍してしまうことはまさに死活問題となる。

なぜJクラブは相次ぐこの事態を阻止できないのか? クラブを救う手立てはないのか?

移籍市場は、したたかな者が勝つビジネスの「戦場」である。海千山千の欧州クラブと対等に移籍ビジネスを行い、Jクラブの利益を守るためには、まずは欧州のスタンダードを熟知し、「戦略」を立てなければならない。

否応なしにグローバル化する移籍市場のなかで、海外・国内問わずサッカー選手の「正しい売り方」を模索していかなければ日本サッカーの未来は危うい。

日本サッカー、Jリーグがさらに発展していくために、我々は何をするべきなのか?

移籍ビジネスの内情を解き明かすとともに、海外・国内移籍の最新事例を検証しながらJクラブ、選手がよりよい未来を築くために必要な移籍戦略について考察していく。

監督はどのように
チームを作り上げるのか?
現役プロ監督が初めて明かす!!

監督はどういったことを思考し、
どのように決断を下しているのか。
ヴァンフォーレ甲府で指揮を執る城福浩監督が
FC東京監督時代、U-17日本代表監督時代に
培われたものを実例として、
チームを躍動させる“ロジカルな思考法”を公開する。
監督の立場で考えると、サッカーはより深く見えてくる

PROLOGUE 監督とは――重圧と歓喜の狭間で
CHAPTER1 チーム編成論
CHAPTER2 マネジメント論
CHAPTER3 采配論
CHAPTER4 戦術論
CHAPTER5 育成論

組織を躍動させる“思考ロジック”

○補強とは、一刻を争う情報戦の世界
○選手が立ち返る場所“スタンダード”を示す
○ボジションの確約は絶対にしない
○試合の翌日に考えるのは、控え選手のこと
○選手交代は、守備面も考えながら行う
○プレッシングで守備のスイッチを入れる
○ショートカウンターで相手が拡散した隙をつく
○ハーフタイムで話せる時間は3、4分

■■■ 本書プロローグより ■■■
監督というのは、孤独な職業です。
監督は現場におけるすべての決定権を握っています。
だからこそ、そこで起きるすべてのことに対して、
監督は責任を負わなければなりません。(略)
選手をメンバーから外せば、
選手生命を脅かすことにもなり得ます。
結果が伴わず、チームが低迷すれば、
コーチングスタッフやクラブスタッフの生活さえ
脅かしてしまうかもしれません。
しかし、だからこそ、成功したときの喜びは格別です。
あの爆発的な喜びを一度でも味わってしまうと、
監督という職業が病みつきになってしまいます。

「人は3日で変えられる」
「どんな環境でも人は伸びる」
人口7万人の地方クラブ、サガン鳥栖を悲願のJ1昇格に導き
結果を出してきた情熱の指導法とマネジメント。


●序章 なぜ松本育夫は人の心に火をつけるのか?



●第一章 人の心に火をつける11の鉄則

・上の者は下を3年で知り、下の者は上を3日で知る(指導者は1人、選手は11人以上)
・指導者に情熱がなかったら選手に見透かされる
・選手の査定表はシンプルにビシッと出す
・選手はえてして自分の潜在能力をわかっていない ……など


●第二章 結果を出すチームを作る15の鉄則


・究極のチームには監督がいらない
・選手は平等に扱う。ただし、公平はない
・勝つために歴史を勉強せよ
・野心を持ったコーチを使ったら組織が崩壊する ……など


●第三章 人を伸ばすために必要な指導法(選手、指導者の育成)20の鉄則

・指導者の指導者は選手である
・若者は3日で変えられる
・サッカー選手にピアスや茶髪、インターネットはいらない
・人間性は周りを見ることから育つ ……など


●第四章 リーダーに求められる11の鉄則

・監督が自分を売り込んだらダメな理由
・仕事はカネではない。契約書は細かく見るな
・前に進むときは人に任せろ。辞めるときは自分で決めろ
・指導者はおしゃれにも配慮せよ
・迷ったら原点に帰る。自分の幹は何か。枝葉に解決を求めてはいけない …など

「カンゼンのサッカーブックス」の作品情報

レーベル
――
出版社
カンゼン
ジャンル
実用
ページ数
254ページ (サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ )
配信開始日
2014年4月16日 (サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ )
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad