電子書籍 旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉 文芸・小説

著: 胡桃沢耕史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉 あらすじ・内容

東南アジアから南米まで…旅する人たちのロマンを描いた傑作冒険小説

 東南アジア旅行中に秘密仲買人に間違えられた深川の師匠・加納清吉郎は、日本語を話すユピンという女にラオス国境へ連れていかれるが、革命が起こり、メコン河を下る演芸船にかくれて危うく窮地を脱する。ユピンを連れて帰国した師匠は四年後、再びラオスを訪れるが、そこには思わぬ陥穽が仕掛けられていた…。(「ロン・コン」)
 第85回直木賞候補となった本作は、「父ちゃんバイク」「ロン・コン」など珠玉の短篇が収録された作品集である。

・ロン・コン〈母の河で唄え〉
・ロン・コン PARTII〈母の河に眠れ〉
・父ちゃんバイク
・花を浮かべて
・顫音(トレモロ)
・熱い冬

●胡桃沢耕史(くるみざわ・こうし)
1925年東京生まれ。府立六中(現新宿高校)、拓殖大学卒。『近代説話』同人。昭和30年、『壮士再び帰らず』(筆名・清水正二郎)で第7回オール讀物新人賞、58年、『天山を越えて』で第36回推理作家協会賞、同年『黒パン俘虜記』で第89回直木賞を受賞。『翔んでる警視正』シリーズ、『旅人よ』、『ぼくの小さな祖国』、『女探偵アガサ奔る』、『ぶりっこ探偵』、『夕闇のパレスチナ』、『闘神』など著書多数。

この作品を共有

「旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉」最新刊

東南アジアから南米まで…旅する人たちのロマンを描いた傑作冒険小説

 東南アジア旅行中に秘密仲買人に間違えられた深川の師匠・加納清吉郎は、日本語を話すユピンという女にラオス国境へ連れていかれるが、革命が起こり、メコン河を下る演芸船にかくれて危うく窮地を脱する。ユピンを連れて帰国した師匠は四年後、再びラオスを訪れるが、そこには思わぬ陥穽が仕掛けられていた…。(「ロン・コン」)
 第85回直木賞候補となった本作は、「父ちゃんバイク」「ロン・コン」など珠玉の短篇が収録された作品集である。

・ロン・コン〈母の河で唄え〉
・ロン・コン PARTII〈母の河に眠れ〉
・父ちゃんバイク
・花を浮かべて
・顫音(トレモロ)
・熱い冬

●胡桃沢耕史(くるみざわ・こうし)
1925年東京生まれ。府立六中(現新宿高校)、拓殖大学卒。『近代説話』同人。昭和30年、『壮士再び帰らず』(筆名・清水正二郎)で第7回オール讀物新人賞、58年、『天山を越えて』で第36回推理作家協会賞、同年『黒パン俘虜記』で第89回直木賞を受賞。『翔んでる警視正』シリーズ、『旅人よ』、『ぼくの小さな祖国』、『女探偵アガサ奔る』、『ぶりっこ探偵』、『夕闇のパレスチナ』、『闘神』など著書多数。

「旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説
ページ数
273ページ (旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉)
配信開始日
2014年9月4日 (旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad