電子書籍 最後の新人類 文芸・小説

著: 川又千秋 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

最後の新人類 あらすじ・内容

旧人類対新人類の戦い、そしてその末路は…? 幻想SFの名手が贈る短篇集

 彼等……新人類と名付けられた種族は、誕生して間もない、未成、未完の存在だった。
 現人類を母体とする幼児だった。
 しかし、ただの幼児ではなかった。
 そのことに――
 現人類の一部支配階級は、すでに気付いていた。
 そして、怯え、怖れ、その存在を、ひたすら嫌悪した。
 だから……彼等は秘密の協定を地球上に張り巡らし、その新たなる存在を抹殺すべく活動を開始していたのだ。(「最後の新人類」より)

 人類の終焉・後を継ぐ者との交代、その不可避のドラマを幻視する多彩な物語群。商業作家デビュー以前の作品である「舌」や「魚」を含め、全10本の短篇を収録。

・時の岸辺
・魚
・家守家の滅亡
・フルカネルリの館
・スプーン
・銀河倶楽部
・十夜
・仮面舞踏会
・舌

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

この作品を共有

「最後の新人類」最新刊

旧人類対新人類の戦い、そしてその末路は…? 幻想SFの名手が贈る短篇集

 彼等……新人類と名付けられた種族は、誕生して間もない、未成、未完の存在だった。
 現人類を母体とする幼児だった。
 しかし、ただの幼児ではなかった。
 そのことに――
 現人類の一部支配階級は、すでに気付いていた。
 そして、怯え、怖れ、その存在を、ひたすら嫌悪した。
 だから……彼等は秘密の協定を地球上に張り巡らし、その新たなる存在を抹殺すべく活動を開始していたのだ。(「最後の新人類」より)

 人類の終焉・後を継ぐ者との交代、その不可避のドラマを幻視する多彩な物語群。商業作家デビュー以前の作品である「舌」や「魚」を含め、全10本の短篇を収録。

・時の岸辺
・魚
・家守家の滅亡
・フルカネルリの館
・スプーン
・銀河倶楽部
・十夜
・仮面舞踏会
・舌

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

「最後の新人類」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説 SF
ページ数
273ページ (最後の新人類)
配信開始日
2014年8月5日 (最後の新人類)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad