電子書籍 狂熱のデュエット 文芸・小説

著: 河野典生 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

狂熱のデュエット あらすじ・内容

虚無感から無軌道に生きる若者たちの姿を鮮烈に描いたジャズ小説集
あいつは逮捕された。ざまあみろ!〈デュエット〉の女の子が気をきかして、あいつの好きなチコ・ハミルトンのふざけた曲を流していた。ありがたく思って豚箱にはいりな。そう、太鼓の強烈なビートに乗って出発だ。……黒人の鼻をつく体臭、たばこの煙でむせかえる場末のバーで、一組の男女を襲ったアクシデント。ギラギラした炎天、狂った若者たちに、犯され妊娠し、死んでいったあわれな女の性。(「狂熱のデュエット」より)
ジャズのリズムに乗せて刹那的に生き急ぐ若者たちを描いた短編集。表題作は『狂熱の季節』(1960年/日活/蔵原惟繕監督)のタイトルで映画化された。
*狂熱のデュエット*腐ったオリーブ
*グッバイ・タチカワ、グッバイ・ジム
*ブルース・マーチ
*ブルース・フィーリング
*パドック一九七〇年
*マザー
*ブルースの魂
*ピットインでヤマシタ・トリオをディグしていると妙な話が浮かんできた
*生きながらブルースに葬られ

この作品を共有

「狂熱のデュエット」最新刊

虚無感から無軌道に生きる若者たちの姿を鮮烈に描いたジャズ小説集
あいつは逮捕された。ざまあみろ!〈デュエット〉の女の子が気をきかして、あいつの好きなチコ・ハミルトンのふざけた曲を流していた。ありがたく思って豚箱にはいりな。そう、太鼓の強烈なビートに乗って出発だ。……黒人の鼻をつく体臭、たばこの煙でむせかえる場末のバーで、一組の男女を襲ったアクシデント。ギラギラした炎天、狂った若者たちに、犯され妊娠し、死んでいったあわれな女の性。(「狂熱のデュエット」より)
ジャズのリズムに乗せて刹那的に生き急ぐ若者たちを描いた短編集。表題作は『狂熱の季節』(1960年/日活/蔵原惟繕監督)のタイトルで映画化された。
*狂熱のデュエット*腐ったオリーブ
*グッバイ・タチカワ、グッバイ・ジム
*ブルース・マーチ
*ブルース・フィーリング
*パドック一九七〇年
*マザー
*ブルースの魂
*ピットインでヤマシタ・トリオをディグしていると妙な話が浮かんできた
*生きながらブルースに葬られ

「狂熱のデュエット」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説
ページ数
319ページ (狂熱のデュエット)
配信開始日
2016年1月20日 (狂熱のデュエット)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad