電子書籍 猫恐(ねこおぢ) 文芸・小説

著: 田中文雄 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

猫恐(ねこおぢ) あらすじ・内容

殺したはずの猫の鈴の音が響く! 男は幻聴だと思っていたが…

 不意に眼の前にポリバケツが倒れ、黒猫が道を横切って、ひばの生垣に消えた。反射的に立ち止まると、猫にとりまかれているのに気づいた。石の門柱のかげ、屋根の上、植え込みの下から、のぞいている。それも一瞬のことだ。猫たちは姿を消した。敏彦は憮然として歩きだした。猫はたんにさかりがついていたくらいのことであろうが、敏彦には、猫までもが、彼のやったことを見通して、非難しているように感じられたのだ。(「猫恐」より)
 ホラー、怪奇、幻想SF作品を収録した短篇集。

*猫恐
*猫の墓
*かくれんぼ
*木偶
*窓のない家
*アルメナの記憶
*旅立ち
*ゲッペルスの潜水艦
*鬼哭

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

この作品を共有

「猫恐(ねこおぢ)」最新刊

殺したはずの猫の鈴の音が響く! 男は幻聴だと思っていたが…

 不意に眼の前にポリバケツが倒れ、黒猫が道を横切って、ひばの生垣に消えた。反射的に立ち止まると、猫にとりまかれているのに気づいた。石の門柱のかげ、屋根の上、植え込みの下から、のぞいている。それも一瞬のことだ。猫たちは姿を消した。敏彦は憮然として歩きだした。猫はたんにさかりがついていたくらいのことであろうが、敏彦には、猫までもが、彼のやったことを見通して、非難しているように感じられたのだ。(「猫恐」より)
 ホラー、怪奇、幻想SF作品を収録した短篇集。

*猫恐
*猫の墓
*かくれんぼ
*木偶
*窓のない家
*アルメナの記憶
*旅立ち
*ゲッペルスの潜水艦
*鬼哭

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

「猫恐(ねこおぢ)」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説
ページ数
307ページ (猫恐(ねこおぢ))
配信開始日
2016年10月25日 (猫恐(ねこおぢ))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad