電子書籍 瓶詰めの過去 文芸・小説

著: 日下圭介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

瓶詰めの過去 あらすじ・内容

三十年前に幼い二人の心をとらえた緑色の小瓶、その秘密が明らかにされたとき…

 わたしはこっそりと、例の小部屋に忍び込んだ。緑色の小瓶をポケットに仕舞うと、抜き足差し足で研究所を出、あとは一目散に林の中を駆け抜けたのだ。怖ろしかった。自分の行為が怖ろしかったのか、それは忘れた。木々の間から斜光になって射し込む陽光まで、無気味に思えたのを憶えている。(「瓶詰めの過去」より)
 読者を驚かせる逆転ストーリーの数々。切れ味鋭い本格ミステリ10篇を収録。
*旅先の女
*おやすみなさい、永遠に
*六年ぶりの夫
*瓶詰めの過去
*木の上の眼鏡
*バラの中の死
*黒い火
*炎天下の密室
*ひき逃げ
*ネガティブ

●日下圭介(くさか・けいすけ)
1940年和歌山県生まれ。早稲田大学第一商学部卒。1965年朝日新聞社に入社。1975年『蝶たちは今…』で第21回江戸川乱歩賞を受賞。1982年『鶯を呼ぶ少年』『木に登る犬』で日本推理作家協会賞・短編賞を受賞。その後作家活動に専念し、『黄金機関車を狙え』などの近代史ミステリーで新境地を開く。

この作品を共有

「瓶詰めの過去」最新刊

三十年前に幼い二人の心をとらえた緑色の小瓶、その秘密が明らかにされたとき…

 わたしはこっそりと、例の小部屋に忍び込んだ。緑色の小瓶をポケットに仕舞うと、抜き足差し足で研究所を出、あとは一目散に林の中を駆け抜けたのだ。怖ろしかった。自分の行為が怖ろしかったのか、それは忘れた。木々の間から斜光になって射し込む陽光まで、無気味に思えたのを憶えている。(「瓶詰めの過去」より)
 読者を驚かせる逆転ストーリーの数々。切れ味鋭い本格ミステリ10篇を収録。
*旅先の女
*おやすみなさい、永遠に
*六年ぶりの夫
*瓶詰めの過去
*木の上の眼鏡
*バラの中の死
*黒い火
*炎天下の密室
*ひき逃げ
*ネガティブ

●日下圭介(くさか・けいすけ)
1940年和歌山県生まれ。早稲田大学第一商学部卒。1965年朝日新聞社に入社。1975年『蝶たちは今…』で第21回江戸川乱歩賞を受賞。1982年『鶯を呼ぶ少年』『木に登る犬』で日本推理作家協会賞・短編賞を受賞。その後作家活動に専念し、『黄金機関車を狙え』などの近代史ミステリーで新境地を開く。

「瓶詰めの過去」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
291ページ (瓶詰めの過去)
配信開始日
2017年5月17日 (瓶詰めの過去)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad