電子書籍 黄昏人の王国 文芸・小説

著: 菊地秀行 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

黄昏人の王国 あらすじ・内容

ノスタルジックに幻想的に、吸血鬼をメインテーマに描く

 さつきが悲鳴を上げた。
 葦の間から、何か、霧みたいな白い煙が立ち昇るや、勿然と、ひとりの娘の姿が現れたのである。
 美人だった。
 月みたいな女だ、とおれはぼんやり考えた。
 白いワンピースを着ているのに、それが目立たない。肌の色が透き通るようなのだ。
 それよりも何よりも、おれをすくませたのは、その娘の全身から漂う、ぞっとするような雰囲気だった。(「青い旅路」より)

 伝奇バイオレンスの第一人者が描く、ノスタルジックで幻想的な、吸血鬼をメインテーマとする青春ホラー短篇集。

・帰還
・夏のうた
・夕映えの女
・薔薇戦争
・青い旅路
・白い国から
・大海

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市“新宿”』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

この作品を共有

「黄昏人の王国」最新刊

ノスタルジックに幻想的に、吸血鬼をメインテーマに描く

 さつきが悲鳴を上げた。
 葦の間から、何か、霧みたいな白い煙が立ち昇るや、勿然と、ひとりの娘の姿が現れたのである。
 美人だった。
 月みたいな女だ、とおれはぼんやり考えた。
 白いワンピースを着ているのに、それが目立たない。肌の色が透き通るようなのだ。
 それよりも何よりも、おれをすくませたのは、その娘の全身から漂う、ぞっとするような雰囲気だった。(「青い旅路」より)

 伝奇バイオレンスの第一人者が描く、ノスタルジックで幻想的な、吸血鬼をメインテーマとする青春ホラー短篇集。

・帰還
・夏のうた
・夕映えの女
・薔薇戦争
・青い旅路
・白い国から
・大海

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市“新宿”』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

「黄昏人の王国」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説 SF ファンタジー ホラー
ページ数
289ページ (黄昏人の王国)
配信開始日
2014年8月5日 (黄昏人の王国)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad